現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

こんにちは。人より転職回数が多め?の薬剤師のまりりんです。

近年、少子高齢化に伴い高齢の方が増えています。そういった背景から近年在宅に力を入れる薬局も多くなり、在宅薬剤師の需要が高まっています。

今回は、そんな在宅薬剤師について転職に役立つ情報をご紹介します。

在宅薬剤師(在宅訪問)とは?

今までの調剤薬局では患者さんが病院で処方箋をもらい、来局してもらうと言うスタイルでした。

ですが、医療が必要な患者さんの中には、慢性疾患で自宅や介護施設での長期療養が欠かせない方がいます。そんな患者さんにとって、在宅医療と在宅訪問をする薬剤師はなくてはならない存在。在宅訪問薬剤師は、患者さんのお宅へ在宅訪問し、薬を届けるだけでなく、薬剤管理や服薬指導はもちろん、注射剤の扱い、緩和ケアまで行う場合も多々あります。

このように通院や来局が困難な方や、最後まで自宅で過ごしたい方に対し、在宅訪問(在宅医療)を積極的に取り入れる調剤薬局が増えています

現在の在宅医療は、ケアマネージャーや看護師が中心で行っています。しかし、薬についての問い合わせもたくさんあり、薬のプロである薬剤師が在宅訪問に関わり、在宅でも薬を安全に服用できるように働きかけていくことが、これからの薬剤師の使命と言えるでしょう。

在宅薬剤師の仕事内容

実際、患者さんのお宅へ在宅訪問し在宅医療に携わる薬剤師は、具体的にどんな仕事内容なのでしょうか。詳しくご紹介します。

在宅訪問・在宅医療を行う薬剤師は、患者さんのお宅にただお薬を持っていくだけではありません。

処方薬の効果・副作用の説明、飲み合わせの説明、飲み忘れのチェックなどのほか、患者さんの薬に対する質問や疑問にも答え、薬を忘れず服用できるように管理やアドバイスなども行います。また、かかりつけの医師には患者さんの服用状況を伝え、より患者さんの為になる治療が行えるように情報提供もします。

在宅訪問時に患者さんとのコミュニケーションもとても大切になります。もちろん薬局でも患者さんとのよい関係はとても大切です。ですが、在宅訪問では特に患者さんとのコミュニケーションが密接になるのです。

これから患者さんのお宅へ在宅訪問し、在宅医療に携わる薬剤師として働いていきたいと思っている方は、お薬の知識や経験はとても大切です。更にもっとも大切なのはどれだけ患者さんに寄り添っていけるかです。在宅医療では、患者さんとの信頼関係を築いていくことが必要になってきます。

また、在宅訪問・在宅医療に取り組む薬局の中には、例えば無菌室やクリーンベンチなども設置しているところがあります。こうした中で専門性の高い調剤を行い、在宅患者さんの医療に貢献しています。これらの調剤には高度な技術も必要ですので、スキルアップにもつながります

さらに在宅医療は、医師、看護師、ケアマネージャーなどの各種スタッフによるチーム医療を行います。その中で、患者さんの薬の管理は薬剤師に任せる、という信頼を得ていくことが大切です。

在宅薬剤師の在宅訪問の流れ

在宅訪問は薬局で自由にできるわけではありません。病院からの指示を受けて、薬剤師が患者さんのお宅へ在宅訪問し、お薬を届けます。

ここでは、ある在宅薬剤師の1日の流れをご紹介します。

9:00出社 在宅訪問予定の患者さんの確認
10:00 処方箋により調剤・監査
11:00 患者さんのお宅へ在宅訪問し薬をお届け
12:00 薬局に戻り昼休憩
13:00 臨時薬の処方が入り、調剤・監査
14:00 患者さんのお宅へ在宅訪問し臨時薬をお届け
15:00 薬歴記載、病院・ケアマネージャーに報告書作成
16:00 翌日お届け予定の在宅訪問患者さんの処方確認
17:00帰宅

在宅薬剤師の年収相場は?

続いて調剤薬局で勤務する在宅薬剤師の年収相場についてです。

年収については調剤薬局で働く薬剤師と同様、もしくは若干高めに設定されている傾向にあります。皆さんご存知のように、地方など極端に薬剤師の数が少ない地域についてはやはり高めに設定されています。薬学部がない都道府県は比較的年収相場が良かったりもします。

また、いずれ管理薬剤師に任命されれば、自身のキャリアアップにもなり年収アップも期待できるので、とてもやりがいがある職場になると思います。

ちなみに調剤薬局の薬剤師の場合450~650万円の年収相場と言われています。薬剤師の転職サイトでも、やはりそういった年収相場の調剤薬局求人が多いです。年収の開きについては地域や管理薬剤師など役職についての差と言えるでしょう。

1つの目安として、20代後半~30代前半の薬剤師で約450~500万円程が年収相場と頭に入れておき、後は条件などの兼ね合いで変わると言うイメージと考えておけば良いでしょう。

在宅薬剤師に転職するには?

在宅薬剤師は調剤薬局での業務の一つなので、調剤薬局の求人で「在宅あり」と言う求人を絞り込みましょう。また、薬剤師専門の転職エージェントに予め在宅訪問希望と条件を伝えて、紹介をしてもらうと言うのもスムーズに転職活動がすすみます。

そして、面接へのステップに進んだら志望動機でしっかり在宅に携わりたいという点を伝えることが大切です。さらに、ケアマネの資格などを持っていると、転職時に優遇される場合もありますよ。

実際に、薬剤師転職サイトの「ファルマスタッフ」で、「全国×在宅」で検索をすると…

ファルマスタッフ 全国×在宅の検索結果)

5000件以上の求人がヒットするなど、調剤薬局での在宅訪問の需要が増えていることがわかります。

在宅訪問薬剤師の転職に役立つQ&A

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

ここからは、実際に在宅ありの薬局に勤務している、もしくは勤務経験のある薬剤師さんに仕事内容をインタビューしていきたいと思います。

これから在宅ありの薬局に転職を検討している皆さんは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

在宅薬剤師の仕事内容・やりがいを感じたこと

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

在宅訪問に携わったことのある薬剤師の皆さん、在宅訪問での薬剤師の仕事内容ややりがいを感じたことなどを教えてください。

喜ぶ

在宅医療で薬剤師は、処方箋に基づいた調剤を行って、患者さんのご自宅に薬を届け、それから服薬指導全般や相談などを受けることになります。

基本的にはかかりつけの医師の承諾が必要になるので、その医師と同行するか単独で訪問するかは医師の判断によります。

ただ多くは、患者さんから医師へ在宅医療の希望を出して、許可を受けたという報告を受け単独で訪問することが多いですね。相談などの内容によってはこちらから医師へ確認することもありますけどね。

在宅医療の場合は調剤薬局へこられる患者さんとは異なり、親身に話を聞いてくださる患者さんが多いのでやりがいがありますし、薬剤師としても相談に応えてあげたいという思いが強くなっているような気がします。

大変な点はやはり訪問に関してはいろいろ気を使いますし、予定通り訪問できないことも(薬局の都合で時間通り行けないなど)あるのでその点は大変です。

個人的にはやりがいの方が大きい業務だと思っています。

子育て中ゆみ

基本的には調剤薬局で行う薬剤師の仕事内容ですし、それが現場で行うか?ご家庭へ訪問するか?だけの違いだとは思います。

ちなみにわたしは在宅医療がある方がいろいろな面で良いと思っています。

まず、外出できるというのは気分転換にもなります。薬局の場合は事務的な話をすることが多いのですが、患者さんのお宅へ訪問した際には、世間話をすることも多かったりして楽しいのです。ある意味、やりがいに繋がっています。

喜ぶ

在宅訪問で在宅医療に携わり、薬剤師としても人間としても少し成長した気がしますね。

患者さんは、高齢者だけではなく、様々なご事情があって通院できない方もいらっしゃいますので、自分の中の考えなどいろいろ変わりました。

今後は在宅訪問が増えてくると思います。個人的には意欲のほうが強いですね。

在宅薬剤師をしていて大変だったこと

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

在宅訪問に携わったことのある薬剤師の皆さん、在宅訪問で大変だったことを教えてください。

喜ぶ

派遣先によっては、終末医療の現場にいくこともしばしばあります。

薬剤師としての心構えも大事ですが、死を待つ患者さんに対する優しさ、そしてそれを見届ける強さみたいなものも必要になってきます。

在宅療養支援薬剤師と言う資格があります。在宅医療に従事する薬剤師にとっては必須の資格になると思うので、仕事をしながら勉強をしていくことをおすすめします。

お悩みちゃん

以前の職場で在宅医療を経験したことがあります。実は、私には向いていないことが分かったので、今の職場は在宅サービスは行っていない薬局へ転職したんです。

人によってはとてもやりがいを感じることができると思いますし、薬剤師としての力量を付けるにももってこいだとは思ったのですが・・・それは予想していた以上に大変なものでした

まず私の以前の職場は、車と自転車を駆使して在宅訪問を行うのですが、田舎がゆえに患者さんの自宅へ車で迎えないような、辺鄙な場所にあることも少なくないのです。その都度、途中まで車で行きそれからは、徒歩かもしくは自転車で移動と言う具合で参りました。

患者さんの自宅に着く頃には、自分がまるで病人のように息を切らして到着していましたから。在宅訪問は地域によってかなりの体力がいることだと、それ以来強く実感しました。

喜ぶ

在宅って、患者さんのプライベートと言うか人生を垣間見る機会が多いじゃないですか。

普通に薬局勤めだけしている場合と違って、薬剤師としてと言うよりは一人の人間として、患者さんの生活に一歩も二歩も足を踏み込んでしまう訳なので、色んな意味で感情移入しやすい環境です。

それこそ自宅療養している患者さんは終末領域の患者さんも多いので、生と死を見届ける機会も多くありますし、薬剤師として色々考えさせられる事は多いと思うんですよね。

それが合うか合わないかは、本当に薬剤師さん次第だと思います。それでもこれから在宅医療は日本の高齢化とは、切っても切り離せない関係になってくるので、前の方が言うように、薬剤師としての経験値を積むにはピッタリだと思いますよ。

お悩みちゃん

在宅訪問を担当している薬剤師です。ストレスになることも多々あります。

在宅訪問前の準備に時間がかかり、訪問して帰って来たら報告書を書き上げ医師に提出しなければなりません。

訪問も楽しい事ばかりではなく、中には認知症の患者さんを相手にすることもあります。会話が成立しない、投薬以上のことをしなくてはならない、例えば探し物を一緒に手伝うなどです。

また訪問先の汚れや臭いが気になることもあります。マスクをしてできるだけ早く退散を考えますが、嫌な気持ちは変わりません。きれいなお宅限定、ご家族も一緒に立ち会ってくれる方限定の在宅訪問にしたい、と言うのが正直な気持ちです。

喜ぶ

在宅訪問はメリットも多々ありますが、当然それだけではありません。やはり人が負担になることは当たり前ですしね。

私が勤務する調剤薬局は山間部なため、1日1~2件で終わってしまうような山奥に行く時もあります。当然携帯の電波も入りません。。。そんな場所でも同じ点数で1人は1人です。会社は理解はしてくれますが、1件は1件という感じです。

患者さんとのやりとりには、とてもやりがいを感じますし感謝もされるので、ほっこりとした感じになりますが、自分の出来ることの限界にぶつかることが多い気がします。

その辺りを割り切って考えることができれば、とても有意義な働き方が出来ると思います。

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

答えてくださった薬剤師の皆さま、ありがとうございました。

まとめ

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

いかがだったでしょうか。

これからは少子高齢化に伴い、どんどん高齢の方が増えていきます。そのためには、ご高齢の方や体の不自由な方に合わせた薬の処方を考えないといけません。

近年大手チェーン薬局では、将来のことを考えて、在宅に力を入れる薬局も多くなりました。

「現在働いている薬局は最近患者さんが減ってきた」、「在宅を少し勉強してみたい」と思っている薬剤師の方は、一度転職を考えてみてもいい時期なのかもしれません。

何にしてもまずは、自分に合った薬剤専門の転職サイトに登録して、情報収集からはじめて行きましょう!そして、担当のキャリアコンサルタントに希望する条件を伝えて求人を紹介してもらうことはもちろん、気になる求人があったら職場環境などをしっかりと事前に確認しましょう。

おすすめの薬剤専門の転職サイトはこちら↓

薬剤師の転職サイトを比較してみた

調剤薬局の転職に役立つ情報↓

不安を解消!調剤薬局へ転職したい薬剤師のためのお役立ちガイド