現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

薬剤師の業種の中で、調剤薬局に次いで求人数の多いドラッグストア。例えばご家庭の事情などで薬剤師を離れていた方など、ドラッグストアで復帰であったり転職をしたいと思う薬剤師さんも多いのではないでしょうか。

ですが、私はドラッグストアでやっていけるのだろうか?なんて、ドラッグストア未経験の場合、不安に思う薬剤師さんもいらっしゃることと思います。そこで今回は、ドラッグストアで働く薬剤師の適性について詳しくご紹介します。

ドラッグストアで働く薬剤師の適性

まずは、ドラッグストアに向いている薬剤師さんはどんな人なのでしょうか。ドラッグストアの仕事内容などから、こんな人がドラッグストアの薬剤師に向いていると言うポイントをご紹介します。

ドラッグストアの薬剤師に向いている人

ドラッグストアで働く薬剤師の仕事は接客・相談が中心です。レジ対応をはじめ、品出し・発注・陳列、売上の管理まで担当する場合もあります。ドラッグストアで働く薬剤師は、医薬品の提供だけではありません。

ドラッグストアでは、薬だけでなく日用品や化粧品など多く取り扱っていますので、医薬品以外のそういった商品にも積極的に関わって行く必要があります。それは、お客さんから医薬品以外の質問をされることも多くあるためです。その都度、ドラッグストアで取り扱う商品について勉強し、吸収していく必要があります。

そういったことから、医薬品だけでなくドラッグストアで取り扱うさまざまな商品について、興味と知識を持ち、お客さんに臨機応変に対応できる人がドラッグストアに向いている薬剤師と言えるでしょう。

また、ドラッグストアには沢山のお客さんが訪れるので接客対応をする必要がありますし、中には苦情がでることもしばしばあります。さらに、レジの混雑や在庫切れで怒ったりするお客さんもいらっしゃいます。そういった場合に、お客さんに対して常に冷静に対応できる力が必要となります。

ドラッグストアには体調が優れず、薬を買いにいらっしゃるお客さんも多く来店しますので、機嫌が悪い方もいます。クレームや理不尽なことを言われても、「このお客さんは、体調が悪いのでしょうがない」なんて、割り切ることも大切です。

ドラッグストアに向いている薬剤師さんは、取り扱う商品に興味と知識を持ち、接客が好きで様々な対応ができる人が向いていると言えるでしょう。

性格別の薬剤師の適性(ドラッグストア編)

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

ここからは、薬剤師の性格別にドラッグストアの適性を詳しくご紹介していければと思います。この性格の場合、こんなところがドラッグストアの薬剤師に向いていると言う点を中心にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

人見知りな性格の薬剤師×ドラッグストアの適性

ドラッグストアで働く薬剤師は、コミュニケーション能力が必要だと聞いたことがある方もい多いのではないでしょうか。

もちろん人見知りで人と話すのが苦手と言う、薬剤師の方は世の中にたくさんいらっしゃるでしょう。ですが、人と話すのが苦手だからと言って、ドラッグストアの薬剤師として務まらない訳ではないのです。

もしも、「人見知りの薬剤師は、ドラッグストアで働くことに向いていないよ~」なんて、言われたことがある薬剤師さんは、下記が参考になったら幸いです。

人見知りの薬剤師でもドラッグストアで働ける?

誰でも初めて働く場所では、緊張してしまい話ができなくなってしまうことは当然ありますよね。ただ、人見知りだから接客の多いドラッグストアで働くことは無理だと諦めてしまうのは、とてももったいないことです。

例えば、新卒の薬剤師さんやアルバイトでドラッグストアに勤める薬剤師さんに多いのですが、お客さんと上手く会話ができなくて落ち込んで悩んでしまう人も、中にはいらっしゃいます。

そんな時、上手く先輩や上司がフォローすればいいのですが、誰からもフォローされることなく、接客に自信がなくなってしまうと「ドラッグストアで働くのはもう無理…」なんて、ドラッグストアで働くことを辞めてしまう薬剤師さんもいます。

でもよく考えてみてください。

薬剤師に限らず、初めてする仕事は完璧にできる人なんていません。最初は上手くできなくても、仲の良いお客さんが出来たり、喜んでもらえたりなどがきっかけで接客に自信が持て、人見知りをいつしかしなくなっていたと言う薬剤師さんも結構いるのです。

ですので、興味を持ってはいるものの「人見知りだけど、ドラッグストアで働けるだろうか?」と、転職に迷い悩んでいる薬剤師さんは、あきらめずに挑戦していく気持ちが大切です。

人見知りでドラッグストアに転職したい薬剤師はどんな努力をすればいの?

ドラッグストアで初めて働く薬剤師は、先輩薬剤師のフォローがつきます。ましてや、大手のドラッグストアでは、接客や薬の知識について研修がある場合がほとんどです。研修でしっかりと知識を身につけることで、少し自信が持てることでしょう

そして、初めてドラッグストアで薬剤師としてデビューした日には、先輩薬剤師の接客方法をすべて見ておきましょう。実際に見ていると、難しい話をしていないことがほとんどです。もちろん薬剤師として薬の説明をすることが主な仕事ですが、雑談であったり、他の商品の話だったり、楽しく会話だけして帰るお客さんもいらっしゃいます。

そうやって少しずつ接客になれて、人見知りを解消できたという薬剤師さんは沢山いるのです。ですので最初から気負わず、気楽な気持ちでお仕事をはじめていきましょう

神経質な性格の薬剤師×ドラッグストアの適性

薬剤師は細かい作業が多く、少しの間違いも許されない人の命を扱う、責任のある仕事です。医療関係の仕事に従事している人に言えることではあるのですが、比較的神経質な人が多い職場だといえるのではないでしょうか。

薬以外の商品も取り扱うドラッグストアではあるのですが、もちろん同じようにドラッグストアの薬剤師も人の命を預かっています。それでは、神経質な性格の薬剤師はドラッグストアに向いているのでしょうか。

神経質な薬剤師とドラッグストア

薬剤師に限らず、看護師、医師などは患者さんに見せない姿というものがあります。患者さんにはにこにこしていても、裏ではとても細かい作業で神経をすり減らしながら働いている毎日という人がほとんどです。だからこそ、神経質だということはあまり気にしなくてもいいのではないでしょうか

そして、お客さんにお薬を紹介するときに、細かく持病はないか、どんな体調かなど聞くことはとても大切です。しかしそれが、お客さんに迷惑がかかり、同僚の薬剤師が嫌な思いがするほど細かいとなると、少々やっかいとなってしまう場合もあります。そういった場合には、ある程度周りに合わせるということも大切になってくるでしょう

神経質な薬剤師が働きやすいドラッグストアとは?

神経質な薬剤師さんはマイペースでまじめな方が多い印象です。そういったことから、神経質な薬剤師さんには小規模でのびのびと働ける環境のドラッグストアをおすすめします。スタッフが少ないということは、それだけマイペースに仕事をすることができるからです。

ドラッグストアでも、いろんな形態のお店が最近では増えており、コンビニが併設されたドラッグストアや、介護サービスを取り入れたドラッグストアというお店もあります。

このように新しいサービスをとりいれたドラッグストアの場合には、登録販売者がたくさんいて、薬剤師が数人ということがよくあります。多くのスタッフがいるドラッグストアでは、まわりのスタッフに合わせて働いていくということも必要になってきますので、ストレスがたまってしまうこともあるでしょう。

しかし大規模のドラッグストアに転職して、自分の薬剤師としての能力を試してみたいと思う方もいらっしゃることと思います。そう言った場合には、まわりのスタッフに合わせて働いていくことが大切です。

そして、スタッフやお客さんに対しては、決して神経質にならないことです。大らかな考え方で、自分の意見だけでなく、周りの意見も取り入れて働いて行くという姿勢を心がけましょう。

負けず嫌いな性格の薬剤師×ドラッグストアの適性

負けず嫌いな人は、どんなことでも人と競争してしまい、自分が負けていると夜も眠れないくらい落ち込んだりするという方も中にはいらっしゃいます。周りからみたら、「なぜあの人は、いつもあんなに一生懸命なのだろう」と、少し疑問をお持ちの方もいるでしょう。

そんな負けず嫌いな薬剤師は、ドラッグストアに向いているのでしょうか。負けず嫌いという性格をうまく利用して、ドラッグストアで働いていく方法を考えてみましょう。

負けず嫌いなな薬剤師に向いているドラッグストアとは?

負けず嫌いな薬剤師さんに向いているドラッグストアは、やはり忙しいドラッグストアでしょう。できれば、大学病院などの近くにあるドラッグストアがおすすめです。

例えば大学病院に通っているお客さんでも、ドラッグストアでお薬を買う人はいます。持病を持ったお客さんは、薬の飲み合わせなどがあるので市販薬とはいえ簡単に購入できません。難しい病気の方も多く、薬の飲み合わせや生活の送り方など、そういった薬剤師からの情報が必要なのです。

負けず嫌いな人は向上心がある方がほとんどですので、難しい事例でもどんどん吸収して、対応していけるでしょう。

好奇心旺盛な性格の薬剤師×ドラッグストアの適性

好奇心旺盛な人ってどんな人をイメージしますか。いつも前向きで、何事にも一生懸命と言う、とてもいいイメージがあるのではないでしょうか。

特に薬剤師の仕事は常に新しい情報が必要で、いろんなことに興味を持ち、勉強していくという姿勢がとても必要になります。特にドラッグストアの薬剤師となると、個人でお客さんと会話をすることも多いので、常に周りの状況を把握して、新しいお薬やテレビCMで流れているお薬などいろんなことに興味を持っていかなければなりません。

好奇心旺盛で、常にいろんなところにアンテナを張り、新しい知識を得たいと思っている薬剤師さんは、ドラッグストアにもっとも向いていると言えるでしょう

好奇心旺盛な薬剤師におすすめのドラッグストア

いろんなことに興味がある薬剤師さんは一体どういったドラッグストアへ転職をされているのでしょうか。

お薬や医学に関して、常にいろんな知識を得たいと思っている薬剤師さんには、やはり大きなドラッグストアがおすすめです。例えば、いろんなお客さんが来る可能性がある、駅の中のドラッグストアや大きな総合病院の近くのドラッグストアなどを特におすすめします。

こういった大きなドラッグストアには、いろんな客層のお客さんが毎日たくさん来られます。

風邪薬ひとつとっても、お客さんの症状はさまざまです。お客さんに症状を細かく聞いて、その症状にマッチしたお薬を紹介する、そして持病などもきちんと聞いていかないといけません。

大きなドラッグストアの場合には、調剤薬局が併設されていることがよくあります。調剤薬局には薬の問屋さんやメーカーの方がたびたび来られます。好奇心旺盛な薬剤師さんは、そんな関係者からも、新しい情報を取り入れていくことができるかと思いますので、知りたい情報もすぐに仕入れることができるでしょう。

好奇心旺盛な薬剤師はドラッグストアの接客に向いている?

好奇心旺盛な人は行動が早く、人間関係を築くのが上手いという方も多くいらっしゃいますよね。薬剤師といっても、知識だけではお薬を販売していくことはできません。好奇心旺盛で、お客さんとの人間関係を上手く築くことができる薬剤師さんは、ドラッグストアでの接客業務が向いているのではないでしょうか。

好奇心があり、行動力がある薬剤師さんの場合、お客さんが少ない小規模のドラッグストア働くのはちょっともったいないかもしれないですね。

今働いているドラッグストアはあなたの好奇心を満足させているものでしょうか。もし満足していないのであれば、その好奇心で別のドラッグストアに転職してみるのもありだと思います。今までとは違った、新たな知識をまた得ることができるはずです。

わがままな性格の薬剤師×ドラッグストアの適性

私ってわがままな性格なのかなと思っている薬剤師の方も中にはいらっしゃるでしょう。以前、職場で同僚の薬剤師に「自分の意見ばかり通すのはわがままだよ」なんて言われたことがあるという薬剤師さんももしかしたらいらっしゃるかもしれません。

そういったキッカケから、転職を考えるという薬剤師さんも少なくないのです。では、わがままな性格の薬剤師さんはドラッグストアに向いているのでしょうか。

わがままな性格の薬剤師とドラックストア

ドラッグストアにはいろんなお客さんがいらっしゃいます。赤ちゃんからお年寄りまでさまざまなお客さんが訪れ、時には無理難題を押し付けてくる方もいらっしゃいます。

わがままな性格の薬剤師さんはそういった場合に、どのように対応しているのでしょうか。いくらわがままと言えども、お客さんに対して嫌な思いをさせてはいけません。さらに、わがままな性格の薬剤師だからできることと言うものも実はあるのです。

わがままな性格の薬剤師はお客さんを操ります。操るというのは少し語弊があるのかもしれませんが、無理難題押し付けるお客さんに対して自分の思い通りにすすめようと進行します。

例えば、「この前紹介してもらった薬は効かなかった、どうしてくれるんだ、返金するか、交換してくれ!」なんて言うお客さんもいます。信じられないかもしれませんが、こういった場合どういう対応をしていけばいいのでしょうか。「お薬が効きませんでしたか、それは申し訳ございません。それでは返金します」では、商売になりませんよね。そういった時こそ、わがままな性格の薬剤師の出番なのです(笑)

例えば、「お薬が効きませんでしたか、個人差があって効かないと言うお客さまもいるんですよ。今回は効かなかったということは、何か別の病気かもしれませんね。市販薬で治らないということは、病院で医師に診てもらった方が確実です」などと、怒りの矛先を方向転換することもできるのです。

わがままな性格というのは、こういった接客の場で役に立つかもしれませんね。

薬剤師は実際わがままな性格の人が多い?

薬剤師に限らないことですが、医療従事者は自分の仕事に誇りを持っています。自分の仕事に自信がある人は、どうしても自分の意見を通したいという気持ちが強いことが多いです。

ドラッグストアで働くとよくわかるのですが、大人しい人から個性的な人までさまざまな薬剤師が存在します。

そんな中、わがままな薬剤師がいたとしても、周りに迷惑をかけないのであれば特に問題ないのではないでしょうか。自分がわがままだと自覚している人は、周りの人に配慮していく気持ちを忘れない姿勢を心がけましょう。

孤独が好きな薬剤師×ドラッグストアの適性

社会で働くには、協調性がもちろん大切。だから孤独が好きでも、仕事では協調性を持って上手くやっていかないと…と思う薬剤師さんがほとんどだと思います。

ドラッグストアですから、薬剤師以外にも働いている人はたくさんいます。では、孤独が好きな薬剤師はドラッグストアに向いているのでしょうか。

孤独が好きな薬剤師はドラッグストアに向いている?

ドラッグストアで働く薬剤師は、一人で勤務することが多い傾向にあります。昔は一つのドラッグストアに何人も薬剤師がいましたが、登録販売者と言う役割が誕生したおかげで、複数の薬剤師が必要ということもなくなりました。ドラッグストアでは、薬剤師も登録販売者も、どちらも一人で行う作業が多く、薬を発注したり陳列したりと、一人で考えて行う作業がほとんどです。

薬剤師の仕事でも薬局はどちらかといえばチームワークが必要な仕事だと言えます。ですが、孤独が好きな薬剤師ににもっとも向いているのはドラッグストアの仕事だといえるのではないでしょうか。

それは、ドラッグストアの薬剤師の場合、一人で黙々と新薬の勉強をしたり、この薬は先週どれくらい売れたのかなと調べてみたり等、仕事は多岐にわたります。ほとんどの場合、その裁量は任されていることが多く、店長にどの薬を仕入れますか?などと聞くことも少ないのです。

そういったことから、孤独が好きな薬剤師に薬剤師はとても向いていると言えるでしょう。

孤独が好きでも接客が苦手な薬剤師は厳しい

孤独が好きな人は、人と話すのが苦手という薬剤師さんもいらっしゃるかもしれません。普段から無口な人は「一人で仕事がしたい」と思っている方も中にはいるでしょう。

しかし、ドラッグストアでの仕事は接客がメインです。他のスタッフとはあまり話すことはなくても、お客さんには積極的に話をしていかなければいけません

さらに薬剤師はドラッグストアの顔ともいえます。薬剤師だからといって、愛想がないのであればお客さんは他のドラッグストアに逃げていってしまいます。

あまり話すのが苦手ならば、ニコニコ笑っているだけでも好印象です。必要最低限の薬の説明や、お客さんの体調の気づかいができれば、まずは合格ではないでしょうか。接客以外では孤独な場面も多い薬剤師の仕事ですが、その場に合わせた対応をしていくことが大切です。

子どもが苦手な薬剤師×ドラッグストアの適性

ドラッグストアの薬剤師といえば、接客が主な仕事です。赤ちゃんからお年寄りの方まで、毎日たくさんのお客さんと接していかなければいけません

そんな中で、実は「子供が苦手でどうやって接していいかわからない」と悩んでいる薬剤師さんも結構います。また、身近に子どもがいない薬剤師さんは対応に困ってしまうなんてこともあるかもしれませんね。まずは子どもの気持ちを理解していくことから始めてみませんか。

子どもってどうやって接していけばいいの?

普段子どもと接していない薬剤師さんは、突然目の前に小さな子どもが話しかけてきた場合、戸惑うこともあるのではないでしょうか。

例えば「仕事中なのに、遊ぼうと言われてもどうしたらいいの?」など、その場に呆然としてしまう方もいます。

そんな時はまず、子どもの目線と同じ位置になるように座ってみましょう。そうすると子どもは喜んでいろいろと話をしてくれることも多いです。

そして子どもは話の中身はあまり考えていないことがほとんど。「あっちに行こう」、「これなに?」、「これおいしい?」など、ちょっとした一言を話しかけてきます。無理に合わせる必要はありませんが、子どもが何か話しかけてきたら何が言いたいのか、ゆっくりと話を聞いてあげるだけで満足することがほとんどです。

どうしても子どもが好きになれない薬剤師

どうしても子どもが苦手で嫌いという方もいるかもしれません。でも仕事中は子どもであってもお客さんです。

上手く子どもと付き合っていくことで、新たなお客さんを獲得なんてことも結構ある話です。実際お店に来ていた親子連れのお母さんが、「今までは他のドラッグストアに買い物に行っていたけれど、この店の薬剤師さんがうちの子に優しいので他のお店にはいかなくなりました」という話も。

それくらい子どもの接客も大事な仕事の一つともいえます。好きになろうと言う努力までする必要はありません。まずは子どもの気持ちを理解することが大切です。

ここまでどうやって子供と接していけばいいかお話ししましたが、子供が少ないドラッグストアを探すというのもひとつの手かもしれません。例えば、オフィス街の中のドラッグストアはほとんど子供が来ません。他にも子供が来ないようなドラッグストアに転職するというのもいいかもしれません。無理に子供を好きになる必要はありませんが、できれば子供と仲良くなりたいと思っている方は少しずつ接していくことも大切なのかもしれませんね。

まとめ

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

ドラッグストアで働く薬剤師の適性はいかがだったでしょうか。

ドラッグストアの薬剤師として働く現状の職場に満足していない薬剤師さんであったり、未経験だけれどドラッグストアがもしかしたら自分に向いているかも?と言う薬剤師さんは、薬剤専門の転職サイトに登録して、まずは情報収集からはじめてみてはいかがでしょうか。

自分の希望条件や気になる求人の職場環境などを、事前に転職コンサルタントに相談や確認していくことが転職を成功させるポイントとなります。

おすすめの薬剤専門の転職サイトはこちら↓

薬剤師の転職サイトを比較してみた

ドラッグストアへ転職したい薬剤師さんにおすすめの記事↓

不安を解消!ドラッグストアへ転職したい薬剤師のためのお役立ちガイド