現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

こんにちは。人より転職回数が多め?の薬剤師のまりりんです。

薬剤師求人の中には、医薬品卸会社の求人もあります。さて、医薬品卸会社で働く薬剤師はどんな役割なのでしょうか?

今回は、医薬品卸会社へ転職を希望する薬剤師さんに役立つ情報をご紹介します。

医薬品卸に転職したい薬剤師の基礎知識

医薬品卸の薬剤師の仕事内容

医薬品卸での薬の品質管理

医薬品卸会社では、医薬品を小売する店舗や使用する業者に対して医薬品を卸す業務を行っているわけですが、当然扱っている医薬品の適切な管理が必要になります。

医薬品卸会社には、営業所に1人以上の管理薬剤師が配置され医薬品の管理を行っています(営業所の規模によって管理薬剤師の数は変動)。

配置薬の管理は、冷所保管や室温保管、金庫内保管などが挙げられ、中には温度指定のある医薬品もあるので、温度計でのチェックなど厳密な管理が必要となります。さらに、在庫数のチェックや返品対応での不備のチェックなどもあります。

安全に管理することはもちろん、品質を損ねることのない適切な環境での徹底した管理が絶対条件となりますので、ここで働く薬剤師にとって品質管理は重要な仕事となります。また、こうした業務内容から管理薬剤師へのキャリアアップを目指せる職場だともいえるでしょう。

医薬品卸でのDI業務

医薬品卸会社で働く薬剤師の仕事は品質管理だけではありません。

医薬品卸会社で働く薬剤師は、営業担当であるMS(marketing specialist)をはじめ、薬局や医療機関からの医薬品に関する質問について、情報提供を行う役割も担っています。この役割を、DI業務(drug information)と呼び、情報を正確に伝えなければならない責任のある業務です。

例えばMSの場合、病院や薬局へ訪問時に医療従事者から寄せられた質問について、薬剤師に相談をしたりします。そう言った際に、薬剤師は薬学的な視点から回答をする必要があります。さらに、MSを介さずに薬局や医療機関から直接相談がくる場合もあるのです。

DI業務は製薬会社の薬剤師と共通していますが、異なるのは自社の医薬品だけでなく幅広いメーカーの医薬品に関する情報を集め、客観的に情報提供を行う能力が問われることです。

医薬品卸で働く薬剤師の年収

医薬品卸会社で働く薬剤師の年収は新卒で400万程で、中途の場合500万円前後(経験にもよります)と言われており、調剤薬局やドラッグストアと比較すると年収が下がる傾向にあります。

これは、医薬品卸会社では薬剤師手当てが少ないと言う点、残業が少なくほぼ定時退社できるので残業代が出ないと言った点が理由とも言えるでしょう。

医薬品卸で働く薬剤師の待遇・環境

同じ医薬品を取り扱う職場でも、医薬品卸は調剤薬局やドラッグストアとは異なり、残業もほとんどなく、休日がしっかりとれると言われています。

医薬品卸会社で働く薬剤師は規則正しく働けるので、ゆとりのある環境で働きたい薬剤師さん、家庭との両立を目指している薬剤師さんにとって理想的な職場と言えるでしょう。また、年末年始やお盆シーズンに休暇を取れる点も魅力です。

一方、現場にスタッフの数が少なく、責任者としてのプレッシャーが重くなるといった問題や、転勤の可能性がある点には注意しておくべきでしょう。

医薬品卸の転職に役立つQ&A

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

ここからは、実際に医薬品卸会社に勤務している、もしくは勤務経験のある薬剤師さんに仕事内容をインタビューしていきたいと思います。

これから医薬品卸に転職を検討している皆さんは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

医薬品卸での管理薬剤師の仕事について

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

医薬品卸で働く薬剤師の皆さん、管理薬剤師の業務内容を具体的に教えてください。

喜ぶ

医薬品卸に10年勤務している薬剤師です。

医薬品卸でも会社毎に細かな違いがあると思います。まず、営業拠点での業務は、管理薬剤師として薬事法に則った各医薬品の管理、記録や商品管理職員、MS、営業事務へ定期的な薬事法や医薬品の取り扱い方法についての勉強会を行ったり中には健康講座を行っている所もあります。

保健所の立会い検査への対応も重要な業務の一つです。時には社員の人生相談を受けたりする事も…本社関連の部署では社員向け研修会を行ったり、薬事法に関わる助言、事務手続きなどをする事が主な業務かと思います。

基本的に長く続けられる仕事だと思います。余談ですがMSや出入りのMRと結婚する事もあります(実際に同僚が結婚しました)。病院や調剤薬局と違って序列のようなものもなく、むしろ先生と呼ばれ敬意も持って接してもらえるかと思います。まぁ、個人のパーソナリティーにもよりますが。

また、臨床経験があると医薬品卸で勤務しやすいとは思います。ですが、特に未経験でも問題はないでしょう。業務内容とは違いますが薬剤師の就業規則や人事制度、給与体系について一般社員と同様な体系の所が多いと思いと思います。

喜ぶ

参考になるか分かりませんが、営業拠点での管理薬剤師のとある1日の仕事について書いてみますね。

朝は朝礼の後、商品管理業務〜入庫後の向精神薬や毒劇物の記録を行う事や商品管理職員の業務の手伝いもある事があるでしょう、午前中は慌ただしく時間が過ぎます。

午後はセンターからの入庫便がある場合は午前と同じように受け入れ業務等あります。合間に内勤をしながら時折MSからの問い合わせに答えたりする事もあったりします。勉強会を予定している時は実施したりもしますね。

そして、残業はほとんどなく定時で帰宅!これが嬉しいポイントです。

子育て中ゆみ

ある医薬品卸会社に勤務している薬剤師です。

卸の薬剤師は、大きく分けると本社勤務でDI業務や医薬品の情報発信等を担当している場合と、各営業支店で医薬品の管理等を担当する場合があると思います。

もちろん会社によって多少は異なると思いますが、本社勤務は会社全体の管理、支店勤務は支店の管理が主になると思います。

私は所謂支店配属なので、支店での話をします。支店での薬剤師業務は、医薬品の適正な品質及び情報管理や法定帳簿の管理。新製品・回収・販売中止、適応変更等の情報提供。定期的に行われるMSを対象とした薬事継続研修の実施です。

一般的な医薬品はもちろんですが、麻薬や向精神薬、毒薬などは法律でその流通や取り扱いに厳しく規制がかけられています。

したがって、自社だけではなく、得意先に関する情報管理も重要な仕事となります。病院や薬局の薬剤師さんは法律の専門家ではありません。意図せずとも違法な取引が行われないよう、違法な管理がされないように徹底した管理を行い、必要があれば行政側に解釈を問い合わせを行います。

お給料は仕事の量に対してであれば決して安すぎることもありません。残業もあまりありませんから、お子さんがいる方でも、安心して働ける環境ですよ。

一生働くというのであれば、卸業界も悪くないと思います。

MRりか

私が勤務する卸での薬剤師業務は主に

①薬事関連業務
②品質管理業務
③医薬品情報業務
④教育指導業務

に集約されます。

営業はMSさんがしてくれていますので、薬剤師は内勤で医薬品の管理や情報の収集・分析・提供がメインになります。

法改正や大きなプレゼンテーションがなければ、あまり継続的な残業もないと思います。私の勤務する会社の薬剤師は、割と時間的にゆとりがあります

喜ぶ

私が担当している卸での薬剤師業務は、医師や他の薬剤師の教育や問い合わせ対応ですね。

管理薬剤師という立場で、医薬品に関する様々な情報を収集・分析し把握しておく必要があります。

医師や新人薬剤師などは医薬品について知らないことや確認したいことが多々ありますので、その疑問に答えスキルを習得させる立場を担っていかなければなりません。医薬品の質問については「どの医薬品を使用すれば良いか?」という内容もあります。

この質問についてもきちんと答えなければならないので、先入観や個人の主観などを排除し平等な目線で医薬品を調べなければなりません。

人間なので正直好きなメーカー(よく付き合う担当者がいるなど)などもあると思うのですが、そういう事情は一切はさんではいけないということになります。

人間的にも仕事的にも大変ですが、やりがいのある仕事だということは間違いないですね。

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

医薬品卸の管理薬剤師でも、会社によって結構変わってくることがわかりました。何名かの方も回答されていたと思うのですが、比較的長く勤務できる、残業も少ないと言うのは嬉しいですね。

回答してくださった薬剤師の皆さん、ありがとうございました。

まとめ

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

いかがだったでしょうか。

今回は医薬品卸の転職に役立つ情報をまとめてみました。この記事が転職の後押しになったり、何かしら参考になったら嬉しいです。

よし!転職しようなんて薬剤師さんがいらっしゃいましたら、まずは薬剤専門の転職サイトに登録して、まずは情報収集からはじめてみてはいかがでしょうか。

気になる求人の職場環境や労働条件など、事前にキャリアコンサルタントに確認することもできます。

おすすめの薬剤専門の転職サイトはこちら↓

薬剤師の転職サイトを比較してみた