現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

こんにちは。人より転職回数が多め?の薬剤師のまりりんです。

薬剤師の転職先の選択肢の一つに派遣薬剤師があります。

派遣薬剤師はどのような働き方をするのか?実際はどうなの?なんて疑問や不安をお持ちの薬剤師さんも多いのではないでしょうか。

今回は、そんな派遣薬剤師の求人やメリットデメリットなど転職に役立つ情報を詳しくご紹介します。

派遣薬剤師の基礎と求人

比較的、収入が多く、一つの職場に縛られない派遣薬剤師は、近年薬剤師の転職市場にて注目を集めています。

短期間で高収入を得ることができ、ドロドロとした人間関係に巻き込まれる前に契約終了することもできるため、短期間で収入が欲しい薬剤師さんや子育て中の薬剤師さんなどに人気の働き方と言えるでしょう。

派遣薬剤師で働くメリット

まずは、派遣薬剤師として働く上でのメリットをご紹介。

派遣薬剤師は効率よく稼ぐことができる

派遣薬剤師での一番のメリットは、収入が多い点が挙げられます。

都市部でも3000円前後の時給で働くことができ、また地方などに行くと時給4000円といったことも珍しくありません。

時給が高い分、短時間でも高収入となるため、午前中しか働くことができない子育て中の薬剤師さんにも人気です。

派遣薬剤師は色々な職場を経験できる

1つの派遣先における契約期間は、1ヶ月~1年以上と非常にさまざまです。

長期で募集している派遣先に行く際は3ヶ月ごとに契約を行い、派遣先が嫌になれば契約更新を行わずに、違う派遣先に行くことも可能です。

そのため煩わしい人間関係や、派遣先に合わないといったことがあっても、我慢して働き続ける必要はありません。また色々な職場を経験することで、自身のスキルアップにつながります

派遣薬剤師は残業がほとんどない

正社員で働いている薬剤師さんは、サービス残業が当たり前で、時間内に帰ることことの方が少ない…といった方も多いのではないでしょうか。

派遣薬剤師は残業がほとんどなく、もしあったとしてもサービス残業になることはほとんどないといっていいでしょう。もし、サービス残業を強いられるようなら、派遣会社に相談すれば、派遣会社の担当が派遣先まで対応してくれます。

派遣薬剤師は責任ある立場はならない

子育て中の薬剤師さんにとってみれば、「管理薬剤師」にはなりたくないという方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。管理薬剤師になることで責任は重くなり、時間も割かれてしまいます。その時間を、家族との時間に使いたい方もいらっしゃるでしょう。

その点、派遣薬剤師は正社員ではなく、契約期間も決まっているので管理薬剤師のような責任ある立場になることはありません

派遣薬剤師は派遣会社の福利厚生が受けられる

派遣薬剤師は、一定の勤務状況等をクリアすれば派遣会社の福利厚生を受けることができ、厚生年金保険や健康保険に加入することが可能です。

派遣先の薬局より派遣会社の福利厚生の方が充実しているなんてことも中にはあります。

派遣といわれると不安定なイメージがありますが、実はこんなにもメリットがあるんです。これから転職を考えている薬剤師の方には、派遣薬剤師も選択肢の一つとしてお勧めします。

派遣薬剤師で働くデメリット

やはりメリットがあれば、デメリットも存在しますよね。続いては、派遣薬剤師として働く上でのデメリットをご紹介。

派遣薬剤師は不安定

やはり派遣をする上で怖いのが「派遣切り」です。正社員ではないため、派遣先の業績悪化などが原因で契約途中での契約解除が全くないとは言い切れません

派遣薬剤師は時給が高く、その時給プラス派遣会社に払うお金のことを考えると、人件費が高くつくために一番に切り捨てられる存在となります。

そうすると高時給のお給料をもらっている派遣薬剤師にとっては、次の派遣先が見つからない限りお給料が発生しないということもある得るのです。

派遣薬剤師は職場が変わるごとに仕事内容も変わる

派遣先による契約期間が終了すると別の派遣先に行くわけですが、同じような調剤薬局の中でも使っているパソコンのレセプトソフトが違ったり、調剤方法や鑑査方法に色々なルールがあったりと、覚えることがたくさん出てきます

そしてもちろん処方箋の内容も変わってきますので、今まで扱ったことのないお薬がたくさん処方されることがあったり、お薬を配置している棚であっても、前の薬局はあいうえお順だけど、今度の派遣先は薬効順であったりとピッキングに非常に時間がかかったり、神経を使うことが多いです。

派遣薬剤師は人間関係を構築しにくい

契約期間ごとに派遣先が変わるわけなので、せっかく派遣先の人と仲良くなったとしても、次の派遣先でまた最初から人間関係を築かなくてはいけません。

人間関係の良し悪しで働きやすさも変わってくるため、働き始めはいつも以上に神経を使うこととなります。

派遣薬剤師はボーナスがでない

意外と派遣薬剤師で見落としがちなのがボーナスです。

時給が高いので正社員の薬剤師さんより稼いでいる感覚を持ちやすいですが、正社員はボーナスが支給されるため、正社員薬剤師と派遣薬剤師の年収を比較するとあまり差がなかったと言うケースも多いです。

派遣薬剤師はある程度の知識・経験が必要

派遣薬剤師は時給が高いです。なぜ高いのか、それは即戦力を必要としているからです

それなのに調剤未経験の薬剤師が派遣として入ってきたらどうでしょうか。もちろん求められている仕事はやっていけませんし、派遣歳の薬局にも迷惑をかけてしまうでしょう。

 

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

メリットばかりに目が行きがちですが、やはり派遣薬剤師への転職を考える上ではデメリットもしっかりと把握しておく必要があります。

メリットとデメリットの両方を知ったうえで、ご自身の働き方と照らし合わせ、転職先として派遣薬剤師はどうなのか、を判断しましょう。

派遣薬剤師の雇用期間は?

派遣というと、やはり長く働き続けることができないイメージがありますよね。

派遣薬剤師として働く際、どれくらいの期間、同じ派遣先で働くことができるのかについて、よくある質問などをまとめてご紹介していきます。

法律で決められている派遣期間は?

近年の法律では、労働契約が30日以内の派遣(日雇い派遣)が原則禁止となっています。そのため、派遣薬剤師として働くには最低1ヶ月以上の契約からということになります(例外あり)。

また、同じ派遣先で働く上限が3年と決められてしまっている為、契約は最長3年までということになります。3年以上同じ派遣先で働きたいという場合は、派遣先の同意が得られた場合、正社員として雇用される可能性があります。

実際に派遣薬剤師の契約期間で一番多いのは?

実際に派遣薬剤師の契約期間で多いのは3ヶ月程と言われています。

派遣薬剤師にとっても最初からあまり長期の契約で勤務すると、いざ働き出したときに派遣先が自分に合わなかったり、力量が足りなかったり等の働きづらい環境になった場合、3ヶ月程度であればまだ我慢できる範囲です。

もちろん派遣先にとっても、勤務態度が悪い派遣薬剤師などが来た場合、短めの契約期間であれば次の契約更新を行わなければいいので、リスクも少なくなります。

診療科目による契約期間の違いは?

内科や小児科、耳鼻咽喉科などは冬になると風邪の患者さん達で処方箋がたくさん来ることが多いです。そのため冬の間だけ、派遣薬剤師を3ヶ月契約で求人する薬局なども多いです。また、春などは花粉症の患者さんが多いため、耳鼻咽喉科を応需する薬局から派遣薬剤師の要請が来ることもあります。

産休・育休中に代わる派遣薬剤師は多い?

調剤薬局では女性薬剤師が活躍していることが比較的多いです。そのため妊娠・出産による産休・育休で生じた人材不足を埋めるため、派遣を募集する薬局も多いです。

希望通りの契約期間にしてもらうことはできる?

基本的には3ヶ月~の契約期間が多い傾向にはありますが、色々な事情があって契約期間は1ヶ月が良いなどの希望が出てくる場合があるかと思います。

そういった場合は、派遣会社の担当の方に相談すれば、派遣先と交渉して希望通りの契約期間になることも多いので、是非かけ合ってみましょう。また日雇い派遣についても、派遣労働者自身が以下の要件を1つでも満たすならば勤務可能になりますので、こちらについても細かいところは派遣会社に相談しましょう。

・60歳以上である場合
・学生
・本業の年間収入の額が500万円以上である場合
・主たる生計者でなく、世帯の年間収入の額が500万円以上である場合

派遣薬剤師の転職理由は?

派遣薬剤師への転職を考えている方は多々いらっしゃるかと思いますが、派遣薬剤師の皆さんはどのような理由で転職をしているのでしょうか。各、項目ごとにご紹介していきます。

派遣薬剤師への転職理由:給料アップ

やはり派遣薬剤師は時給が高いため、純粋にお給料を上げるために転職をされる薬剤師さんも多い傾向にあります。平均的な時給は2500~3000円ですので、正社員で働いているときと比べると、効率よく稼ぐことができるでしょう。

派遣薬剤師への転職理由:人間関係

一つの職場に長期間在籍すると、少なからず人間関係に悩みが出てきてしまうものです。

特に合わない人とずっと狭い室内で働くとなると、気分も滅入ってしまいます。派遣薬剤師だと、一番短くて1ヶ月で契約が終わるため、ややこしい人間関係に巻き込まれる可能性が低く、また合わない人がいる派遣先にあたってしまった場合でも、契約更新さえしなければ別の職場に行くことができるため、人間関係に長い間悩まされることはありません

派遣薬剤師への転職理由:経験を積みたい

小規模の調剤薬局など一店舗でずっと勤務していると、処方されるお薬の種類も限られてくるし、OTCの勉強もできない、これから薬剤師が過剰になった時にやって行けるのか不安…といった方も多いでしょう。

派遣薬剤師なら、契約期間ごとにまったく違う科目を扱う調剤薬局へ派遣されることもあります。

さらに、調剤併設型ドラッグストアや在宅中心の調剤薬局、病院などにも行けるため、転職を繰り返すことなくスキルアップすることができ、色々なことに挑戦したい!といった薬剤師さんにはおすすめです。

派遣薬剤師への転職理由:私生活での時間の制限

結婚や出産、または介護などで毎日の出勤が厳しくなった、夕方までしか勤務できなくなった、など生活の変化による時間の制限が出てきた場合も、派遣薬剤師なら臨機応変に対応できます。

派遣薬剤師への転職理由:別にやりたいことができた

薬剤師以外でやりたいことができた、けれどお金は必要だから派遣薬剤師として働きながら、やりたいことの準備や勉強などを行うといった方も多いです。

副業で派遣薬剤師として働くことで、確実な収入が得られるため、不安なくやりたいことができます

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

このように、派遣薬剤師への転職を考えられる方にも、色々な転職理由があります。

派遣薬剤師は派遣先によって自分に合った働き方ができるため、正社員で働いている薬剤師さんの今の悩みを解決してくれる手段になる場合もあります。

また、紹介予定派遣など3ヶ月程度派遣として働いた後に、その派遣先に正社員として働けるような制度もありますので、利用してみるとよいでしょう。

派遣薬剤師の時給相場

前述したように、派遣薬剤師といえば時給が高いことが特徴の一つとして挙げられます。そのため効率よく稼ぐことを目的に、転職先の候補として挙げられている方も多いでしょう。

ここからは実際に、派遣薬剤師の時給の相場はどうなっているのか、地域によって違いはあるのかなどについて詳しくご紹介します。

都市部の派遣薬剤師

都市部の派遣薬剤師はやはり薬剤師の人数自体が多いため、地方に比べると時給は安い傾向にあり、時給2500~3000円前後が相場と言われています。

パートの時給自体が2000円前後位と考えると、やはり派遣薬剤師の方が効率よく収入が得られるでしょう。

また、都市部では薬局の数も多く、バリエーションに富んでいるため、希望の時間帯や、場所、作業内容について選びやすいというメリットが挙げられます。

都市部であっても精神科の門前薬局など、薬剤師の職場として人気のないところは時給が高い場合もあるので、派遣会社の担当者に聞いてみてもいいでしょう。

地方の派遣薬剤師

地方では薬剤師不足が顕著であるため、人を集めるために派遣薬剤師の時給は高めに設定されていることが多く、時給3000円前後くらいが相場と言われています。

ですが、派遣先に行く交通手段が1時間にバス1本等というところも存在しますので、通勤時間も考慮した上で検討する必要があるでしょう。

また、薬局自体の数が少ないため求人の数が少なく、すぐに次の派遣先が見つからない可能性もあるので注意しておきたいところです。

本州を離れての派遣薬剤師

離島や、四国や九州の田舎など、求人数は少ないものの薬剤師を必要としているところもたくさんあります。そういった場合には、時給4000~5000円程という派遣先もあります。

また、引っ越し費用や住宅サポート、レンタルカーの貸し出しなども会社側が負担してくれることもあるため、こちらが特別な準備をすることなく働くことができる職場も存在します。

短期間でお金をたくさん稼ぎたい薬剤師さんや、気分転換にいつもとは違ったのんびりとした環境の中で働きたい薬剤師さんなどにおすすめです。

薬剤師が派遣会社を選ぶ時に重視すべき点は?

派遣薬剤師として働く際に、まず行っておきたいのが派遣会社への登録。けれど近年、薬剤師の派遣会社は複数存在しており、どこに登録すればよいのか?と、迷うことも多いのではないでしょうか

求人数

派遣薬剤師は派遣先の求人数が少ないと、次の仕事がないということにもなりうるので、その間お給料が発生しないなんて死活問題にもなりかねません。そのため、薬剤師専門の派遣会社の求人サイトで求人数を確認してからの登録をおすすめします。

また、地域に特化した派遣会社もたくさんあるので、関西に在住しているなら関西地方の求人をたくさん扱っている派遣会社を選んだりと、勤務したい地域にどれくらい求人数があるかを事前に確認しておきましょう。

ファルマスタッフ 全国×派遣の検索結果 2018年10月現在)

派遣薬剤師の求人数が多いことでもおなじみなのは、調剤薬局チェーンの日本調剤グループが運営する、「ファルマスタッフ」。高時給の派遣薬剤師求人も多数見られますので、一度エリア検索してみることをおすすめします。

福利厚生

派遣薬剤師だから福利厚生は最低限のものなのかな?と考えられている薬剤師さん多いと思いますが、最近の派遣会社は派遣薬剤師を集めるために、手厚い福利厚生をうたっているところも多いです。

特に社会保険などは、派遣先の薬局などよりも手厚い場合もあるため、こちらも事前に派遣会社サイトで確認したり、電話などで問い合わせておきましょう。

週何十時間働くと厚生年金・健康保険に加入できるや、色々と決まりがあることも多いので、細かく聞いておくとよいでしょう。

研修・勉強環境

大手薬剤師の派遣会社などでは、自社で薬剤師向けの研修会や勉強会を行っている場合もあります。

また、勉強会へ行く際の費用を負担してくれる派遣会社もありますので、どのくらい研修や勉強会への補助をしてくれるかも重要です。

最近は、かかりつけ薬剤師になるための認定薬剤師を積極的にとる薬局が増えてきたため、単位を取るためのe-ラーニングなどの費用も負担してくれる派遣会社も多いです。またこちらも一定の条件下で負担・補助してくれる場合が多いので事前に確認しましょう。

担当者との相性

これは派遣会社というよりも派遣会社内のどの担当者によるとは思うのですが、激務な派遣会社の社員は、やはりフォローが足りなかったりする場合が多いです。

派遣会社がどのようなフォローをしてくれるのか、どのような人材がそろっているのか、薬剤師業界の事を理解しているのか、などもわかる範囲で調べておいた方がよいでしょう


お仕事ラボ

担当者に定評がある薬剤師の派遣会社と言えば、大手薬局チェーンの子会社である「お仕事ラボ」が頭に浮かびます。

調剤薬局運営のノウハウはもちろん、親会社とのパイプもあるため、専門的な知識豊富なコンサルタントが在籍しています。選任コンサルタントはスマッチのないよう面談に注力し、1人1人の薬剤師さんの希望に応じたフルオーダー提案もされています。

数ある派遣会社からどうやって選べばいいのか悩むことも多いと思いますが、上記のポイントをしっかり押さえて、希望の求人がある派遣会社からまずアプローチしてみるとよいでしょう

派遣薬剤師の転職に役立つQ&A

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

ここからは、実際に派遣薬剤師として働いている、もしくは派遣薬剤師と一緒に働いたことのある薬剤師さんに、派遣薬剤師についてインタビューしていきたいと思います。

これから派遣薬剤師として転職を検討している皆さんは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

派遣薬剤師の派遣事情について教えてください

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

実際に派遣薬剤師として勤務したことがあったり、実際に派遣薬剤師と一緒に働いたことがある薬剤師の皆さん、派遣薬剤師の派遣事情について教えてください。

さちこ

現在派遣会社に登録をして、派遣薬剤師として働いています。

薬剤師の働き口はたくさんあって、むしろどこの職場も足りないと言われていますよね。ですが、私の住んでいる地域で病院薬剤師の求人情報は少ないんです。

私は病院薬剤師を希望していましたが、なかなか良い求人情報に巡り会えなかったので諦めて、派遣会社に登録をして、現在病院で勤務しています。

派遣の働き方は嫌いではなし、時給も悪くないので今のまま何もない限りは働き続ける予定です。ですが、やっぱりボーナスがないのはキツイですね。やっぱりボーナスを貰えるとやる気にも繋がって、何か目標とか楽しみを持ちながら頑張ろという気になるんですけど。

派遣なのでいつ契約更新されなくなるかとヒヤヒヤもします。

喜ぶ

ウチで働いている派遣さんは正直高待遇です。

派遣さんと我々社員薬剤師は同じように調剤や患者さんへの服薬指導を行いますが、派遣さんは定時であがりますし休暇も安定しています。

我々は多少なりとも資料整理などで残業がありますし、何かイベントがあって休日出勤となる場合は、基本的に派遣さんの出番はなく我々社員です。

当然といえば当然ですが派遣で働いているほうが時間にも余裕があるし、なによりある程度楽な業務内容でかなりの給料になるので得なんじゃないかなと思っています。

もちろん社員ではないので賞与は無いですし、終身雇用ではないので先々の不安はあると思いますけどね。

子育て中とか、若い間は派遣さんとして働くのもありだと個人的には思っています。

喜ぶ

以前に派遣で働いていたことがある薬剤師です。

病気療養中の時に、週末だけ働くってパターンでした。やはり自分のペースで仕事ができるのが、派遣の最大の魅力ですよね。

一緒の職場だった男性の方は、最初は時給に釣られて週5日の派遣社員として働いた後に、更新時に正社員登用されたそうです。

私の場合、地方の門前で働いていたので、それなりに忙しい職場で時給は3500円でした。実家からの勤務でしたが、遠方から働きに来る方には家賃補助もあったようです。

上手く派遣を利用しながら、色んな職場を見て経験することも、薬剤師として勉強になるんだなぁとその時に思いました。

私ってとってもマイペースなんです。よく職場でもフワフワしていて、それが気に入らない方もいましたが、「派遣だし、更新後はサヨナラだし」なんて思いもあり、精神的な余裕というか強さみたいなものも出てきましたね(笑)。

派遣で働くことって、世間一般的にはあまりいいイメージではありませんが、薬剤師の派遣に限っては、そこまで悪くないかなっていうのが正直な感想ですね。

だから私にとって派遣薬剤師は、時給も高いし精神的にも負担が少ないベストな働き方だと言えますね。最近は派遣会社のコンサルトさんも一から十まで一緒に、条件に合う所を探してくれるみたいなので、一度派遣ライフを味わってみるのもお勧めですよ。

人

薬剤師は、他の業種の派遣と違って待遇も時給もいいです。最近では、派遣会社の福利厚生を利用できたり、中には賞与が支給される派遣もありますよね。

でもやはり長い目で見ると、正社員として働いた方が年収は安定しますし、最終的には脱派遣と言う道を選ぶ薬剤師さんが多い。そして私もその1人です。

私は当時、長期的に1年間派遣として働いていましたので、職場の人達とも上手く対人関係も築けました。

でも、反対に短期のスポットでしか入らないような派遣先は、職場の人間関係も業務の遂行の仕方もあまり把握出来ないまま働くことになるんです。だからこそ、薬剤師としてある程度の腕前が無いと、業務も大変になってくるだろうし、何より対人関係で苦労している短期派遣の薬剤師さんは多いです。

自分の生活スタイルに合わせて働けるメリットと同時に、人間関係で疲れてしまうと言うのは困りものです。皆さんそれでも派遣と言うスタイルで働き続けてる方も多いのですけどね。

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

答えてくださった薬剤師の皆さま、ありがとうございました。

まとめ

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

いかがだったでしょうか。

今回は派遣薬剤師についてまとめてみました。

何にしてもまずは、自分に合った薬剤専門の派遣会社(転職サイト)に登録して、情報収集からはじめて行きましょう!そして、担当のキャリアコンサルタントに希望する条件を伝えて求人を紹介してもらうことはもちろん、気になる派遣求人があったら職場環境などをしっかりと事前に確認しましょう。

おすすめの薬剤専門の派遣会社・転職サイトはこちら↓

薬剤師の転職サイトを比較してみた