現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

こんにちは。人より転職回数が多め?の薬剤師のまりりんです。

せっかく派遣薬剤師として働くなら、やはり高時給の派遣先で働きたいですよね。ですが、気になりつつも、高時給すぎてちょっと不安…なんて感じる薬剤師さんも中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、高時給の派遣薬剤師についてご紹介します。

高時給の派遣薬剤師の求人

派遣薬剤師の時給相場は?

まずは、派遣薬剤師の時給相場からご紹介していきます。

派遣薬剤師の時給相場は、2500~3000円前後と言われています。パートの時給自体が2000円前後と言われているので、パートよりは派遣薬剤師の方が効率よく収入が得られます。

また、都会の場合には派遣薬剤師の求人数が多く、エリアや勤務時間帯、仕事内容など自身の希望から求人を選べると言うメリットがあります。

都会であっても精神科の門前薬局など、薬剤師の職場として大変だったりする職場は時給が高い場合もあるので、派遣会社の担当者に詳細を聞いてみてもいいでしょう。

逆に、地方の場合には薬剤師不足のため、派遣薬剤師は高時給に設定されていることが多く、時給3000円以上が相場とも言われています。

ですが、派遣先に行く交通手段あまりないと言う職場も存在していますので、派遣先の通勤時間などをしっかりと事前確認しておきましょう。

また、地方の場合には、薬局の件数自体が少ないので、当然派遣薬剤師の求人数も少なく、すぐに次の派遣先が見つからないと言う可能性も十分あるので、注意しましょう。

さらに、離島など、求人数はかなり少ないものの薬剤師を必要としている地域もあります。そういった場合、中には時給4000~5000円程という高時給の派遣先もあります。

短期間でお金をたくさん稼ぎたい薬剤師さんや、気分転換にいつもとは違ったのんびりとした環境の中で働きたい薬剤師さんなどにおすすめです。

派遣薬剤師の高時給ってどれくらい?

派遣薬剤師と言うと、高時給を一番に思い浮かべるのではないでしょうか。そもそも派遣薬剤師の一般的な時給相場は、前述したように時給2500~3000円程が平均的と言われています。

「高時給」がどれくらいか?というと、派遣薬剤師の時給相場が時給2500~3000円なので、時給3500円以上が高時給の派遣薬剤師に該当するレベルなのではないでしょうか。

そんなに高時給な派遣薬剤師の求人は存在してるの?と思われる薬剤師さんもいらっしゃるかもしれませんが、探してみると思ったよりあるのです。

例えば、派遣薬剤師の求人数が多いことでもおなじみの「ファルマスタッフ」で、時給3500円以上に絞り込んで検索をしたところ1356件もの求人がヒットしました。


ファルマスタッフ 全国×派遣の検索結果 2018年10月現在)

さらに、一つ一つの求人を見ると、時給4000円以上、時給4500円などの高時給の求人も思ったより見られ、中には時給5000円もの高時給求人もポツポツと見られました。

ただ、高時給にはそれなりの理由が存在しますので、注意する必要があります。

派遣薬剤師求人の高時給の理由は?

では、高時給のそれなりの理由とは一体どんな理由なのでしょうか。詳しくご紹介していきます。

地方で交通の便が不便なため高時給

やはり地方は薬剤師の数が絶対的に不足しているため、派遣薬剤師を確保するために高時給を提示しているところが多いです。

薬剤師の仕事内容としては、そこまで忙しくない場合や薬局自体が早く閉店する派遣先もあるので、場所にこだわりがなければ効率よく働けるでしょう。

また、引っ越し費用や住宅なども派遣先が負担してくれる場合も多いため、期限をきめて心機一転働きに出るのも良いでしょう。

薬剤師が長続きしないため高時給

処方箋枚数のわりに薬剤師が少なすぎたり、経営者の考え方があわなかったり、問題のある薬剤師が長年勤めていたりすると、正社員になる薬剤師が少なく、常に薬剤師不足な状態になります。

そういったことから、派遣薬剤師を高時給で募集して、薬剤師を繋いでいる派遣先も少なくないのです。

処方内容が大変なので高時給

精神科等の門前薬局で患者さんの対応や調剤内容が大変といったことから、常に薬剤師不足で高時給としている場合もあります。派遣先を選ぶときは、必ず応需科目をチェックしましょう。

夜間のみ薬剤師がいないので高時給

ドラッグストアなどは夜間まで開店しているところが多いため、正社員の薬剤師のみでは埋められない時間帯が出てきやすいです。

特に夜間はすすんで働く薬剤師が少ないため、派遣薬剤師を高時給で募集している場合も少なくありません。

 

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

高時給の派遣求人は割り切って働ける人にはおすすめ!

高額の派遣薬剤師求人は、やはりそれなりの理由で高時給を提示しています。

なぜ高時給なのか?を事前に派遣会社の担当者に確認をして、自分が割り切って働けるような内容であれば、非常に効率的に高収入を得られるのでおすすめできます。

また、どうしても無理だったら契約更新をしなければよいだけなので、精神的にも楽に勤められるのではないでしょうか。そのため、契約期間はなるべく1ヶ月くらいなど、最初は短めに設定してもらうとよいでしょう。

時給3500円以上の高時給の派遣求人例

実際に、派遣薬剤師を扱ういくつかの薬剤師求人サイトで時給3500円以上を検索すると、求人が思いのほかヒットします。

ここからは、高時給の派遣薬剤師求人を具体的にいくつかご紹介。

■調剤薬局(千葉県 習志野市)

OTCにも携われる、電子薬歴・監査システム導入の薬局。週4~5日・1日8時間勤務できる方とあります。

時給:3,000円~4,000円

勤務時間: 月~日・祝9:00~21:00

■調剤薬局(山梨県 甲府市)

大手企業と同等の福利厚生・教育制度あり。県外からの方には住宅&引越し代会社負担。

時給:4,000円

勤務時間:月・火・木・金・土9:00~19:00

■調剤薬局(岐阜県 土岐市)

東海圏を中心に展開するチェーン薬局で、内科、小児科をメインに皮膚科等にも対応。住居付き、転居費用補助あり。

時給:4,500円~5,000円

勤務時間 :月・火・水・金 9:00~19:00、木・土9:00~14:00

経験がある薬剤師さんは高時給が可能

実際の高時給の派遣薬剤師の求人を見てみると、時給2500~3000円と幅のあるものも多く、調剤経験の有無、または何年調剤経験があるかによって、時給の高さが変わってくる場合もあります。

そのため経験がある方は、時給3000円~3500円以上の高時給で働ける求人も多いです。

派遣薬剤師でボーナスは出る?

派遣薬剤師は基本的にはボーナスの支給はありません

けれど、派遣会社によっては、まれにボーナスをもらえるところがあるようです。ボーナスありの派遣薬剤師の求人は非常に少ないですが、以下のような派遣先があります。

■調剤併設型ドラッグストア(東京都町田市)

すぐに働ける方を募集中!福利厚生・ボーナスあります!

時給:3000~3500円

勤務時間: 平日・土9:00~19:00/日9:00~13:00

福利厚生:社会保険完備、産休・育休も取得可能

■調剤併設型ドラッグストア(神奈川県川崎市)

半年ごとにミニボーナスを支給します!ドラッグストアですが、ほぼ調剤のみのお仕事。

時給:2700~3000円

勤務時間:平日10:00~20:30/日10:00~19:00

福利厚生:各種社会保険完備、産休・育休取得実績あります

なぜ派遣薬剤師にボーナス支給してくれるのか?

では、なぜ数少ないながらも、派遣薬剤師にボーナスを支給してくれる派遣会社が存在するのでしょうか。

今や薬剤師の派遣会社は山ほど存在します。大手薬剤師の転職サイトも派遣求人について取り扱うようになりました。派遣会社は、派遣薬剤師に長く働いてもらうことにより利益を上げます。派遣薬剤師を確保することが会社の利益につながるのです。

そういったことから、山ほど存在する派遣会社の中から、自分の派遣会社を選んでもらうよう、他の派遣会社と区別を付けるために、ボーナス支給といった派遣会社のウリを設定しているのです。

けれども注意しなければならない点がいくつかあります。

ボーナスをもらうには週何十時間以上働く、または何カ月以上継続して働くなどの条件をクリアする必要があります。さらに派遣会社では、パートや正社員の転職も扱っているところも多いので、ネットの求人広告にボーナスありと書かれていても、派遣薬剤師はもらえず、パートや正社員のみもらえるといった場合もあります。

そのため求人を見てボーナスありだから、と安易に応募せずに、まずは派遣会社の担当者へしっかりと確認をしておきましょう

 

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

ボーナスありの派遣薬剤師の求人は少ないながらもあります

けれども、ある程度の条件をクリアしたうえでの支給となることがほどんど。ボーナスだけに惑わされずに、そのほかの福利厚生や、派遣先の求人数、また担当者がどれくらいフォローしてくれるかなど、しっかりと見極めてから登録・応募するようにしましょう

薬剤師が派遣会社選びで重視すべきポイント

近年、薬剤師の派遣会社は複数存在しており、どこに登録すればよいのか?と、迷うことも多いのではないでしょうか。最後に薬剤師が派遣会社を選ぶ時に重視すべきポイントをご紹介。

求人数

派遣薬剤師は派遣先の求人数が少ないと、次の仕事がないということにもなりうるので、その間お給料が発生しないなんて死活問題にもなりかねません。そのため、薬剤師専門の派遣会社の求人サイトで求人数を確認してからの登録をおすすめします。

また、地域に特化した派遣会社もたくさんあるので、関西に在住しているなら関西地方の求人をたくさん扱っている派遣会社を選んだりと、勤務したい地域にどれくらい求人数があるかを事前に確認しておきましょう。

ファルマスタッフ 全国×派遣の検索結果 2018年10月現在)

派遣薬剤師の求人数が多いことでもおなじみなのは、調剤薬局チェーンの日本調剤グループが運営する、「ファルマスタッフ」。高時給の派遣薬剤師求人も多数見られますので、一度エリア検索してみることをおすすめします。

福利厚生

派遣薬剤師だから福利厚生は最低限のものなのかな?と考えられている薬剤師さん多いと思いますが、最近の派遣会社は派遣薬剤師を集めるために、手厚い福利厚生をうたっているところも多いです。

特に社会保険などは、派遣先の薬局などよりも手厚い場合もあるため、こちらも事前に派遣会社サイトで確認したり、電話などで問い合わせておきましょう。

週何十時間働くと厚生年金・健康保険に加入できるや、色々と決まりがあることも多いので、細かく聞いておくとよいでしょう。

研修・勉強環境

大手薬剤師の派遣会社などでは、自社で薬剤師向けの研修会や勉強会を行っている場合もあります。

また、勉強会へ行く際の費用を負担してくれる派遣会社もありますので、どのくらい研修や勉強会への補助をしてくれるかも重要です。

最近は、かかりつけ薬剤師になるための認定薬剤師を積極的にとる薬局が増えてきたため、単位を取るためのe-ラーニングなどの費用も負担してくれる派遣会社も多いです。またこちらも一定の条件下で負担・補助してくれる場合が多いので事前に確認しましょう。

担当者との相性

これは派遣会社というよりも派遣会社内のどの担当者によるとは思うのですが、激務な派遣会社の社員は、やはりフォローが足りなかったりする場合が多いです。

派遣会社がどのようなフォローをしてくれるのか、どのような人材がそろっているのか、薬剤師業界の事を理解しているのか、などもわかる範囲で調べておいた方がよいでしょう


お仕事ラボ

担当者に定評がある薬剤師の派遣会社と言えば、大手薬局チェーンの子会社である「お仕事ラボ」が頭に浮かびます。

調剤薬局運営のノウハウはもちろん、親会社とのパイプもあるため、専門的な知識豊富なコンサルタントが在籍しています。選任コンサルタントはスマッチのないよう面談に注力し、1人1人の薬剤師さんの希望に応じたフルオーダー提案もされています。

数ある派遣会社からどうやって選べばいいのか悩むことも多いと思いますが、上記のポイントをしっかり押さえて、希望の求人がある派遣会社からまずアプローチしてみるとよいでしょう

派遣薬剤師の転職に役立つQ&A

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

ここからは、実際に派遣薬剤師として働いている、もしくは派遣薬剤師と一緒に働いたことのある薬剤師さんに、派遣薬剤師についてインタビューしていきたいと思います。

これから派遣薬剤師として転職を検討している皆さんは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

高時給の派遣薬剤師の経験談を聞かせてください

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

派遣薬剤師として勤務したことがあったり、派遣薬剤師と一緒に働いたことがある薬剤師の皆さん、高時給の派遣薬剤師のお給料事情について教えてください。

お悩みくん

派遣薬剤師で時給が高いところはそれなりにリスクがある職場です。

まず、地方の田舎町の薬局であることは間違いありません。私は一度経験しましたが、二度と経験したくないと思い帰って来ました。私が派遣された薬局は、田舎に一件しかない薬局で、もちろん一人薬剤師、事務もいないという状態です。

全くの一人で毎日を終え、日曜日が休日だったのですが、買い物に行こうにも一時間以上かかる店まで行かなければなりません。こんな状態ですので平日、仕事帰りに出かけようということは全くなく、休日でさえ日用品の買い出しに行って終了という感じでした。

その生活を半年続けました。精神的にきつくなり、戻ってきました

お悩みくん

派遣薬剤師で時給5000円以上の職場で働いたことがありますが、かなりの金額を稼ぐことができます

当時、田舎の薬局に派遣されたのですが、仕事をしている間は、ほとんどお金を使うことがありませんでした。あっても食費や日用品くらいですので、貯まる一方です。

しかし、稼いだ分には翌年大きな税金がのしかかってきます(苦笑)。その金額が半端な金額ではない為、税金を払うために翌年も高額時給の派遣の仕事をしなければならない、という悪循環になるのです。。。

どこかで区切りをつけたいと思いますが、税金を支払うと手元に残る金額は微々たるもの、やはり稼がなければ駄目だという結論に至るのです。

とにかく割り切って仕事をこなすことが大切です。今までの環境とは全く違うという事、期間を決めてここまで頑張る、と目標を立てることです。

喜ぶ

地方の薬局で派遣として働いてますが、時給は4500円もらってます。

派遣の場合、1つの薬局に滞在する期間は長くても6か月くらいなので、いろいろな薬局を転々としたい人にはいいと思います。

また、派遣の仕事が一番多いのは、ボーナスが出た後の薬局繁忙期、1月・2月です。その時期を目指して派遣登録すれば、満足のいく時給と仕事があると思います。

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

答えてくださった薬剤師の皆さま、ありがとうございました。

まとめ

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

いかがだったでしょうか。

今回は高時給の派遣薬剤師についてまとめてみました。高時給の反面、デメリットも多々ありますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

何にしてもまずは、薬剤専門の派遣会社・転職サイトに登録して、気になる求人があったらキャリアコンサルタントにどんどん確認して行きましょう。

おすすめの薬剤専門の派遣会社・転職サイトはこちら↓

薬剤師の転職サイトを比較してみた