現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

こんにちは。人より転職回数が多め?の薬剤師のまりりんです。

病院や門前薬局に転職したいけれど、診療科や特徴について気になる薬剤師さんも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、診療科別の仕事内容や特徴、転職事情などを詳しくご紹介します。

病院・診療科別の薬剤師の転職と特徴

病院の診療科によって、病院で働く薬剤師や門前薬局で働く薬剤師の業務内容が大きく変わります。ここでは、診療科別の薬剤師の仕事内容や特徴などをご紹介します。

消化器科×薬剤師の転職と特徴

消化器は、口から肛門に至るまでの連続する1本の管腔臓器で、食べたものを消化し運搬し排泄するまでの一連の仕事を担います。この消化器官に発生した疾患を診るのが消化器科で、大抵の場合消化器内科と消化器外科に分けられています。

消化器内科は、消化器官に生じた疾患のうち、外科的手術を必要としない疾患を取り扱う診療科目です。

消化器官には、炎症や潰瘍などレントゲンやカメラで確認することのできる疾患以外にも、便秘や逆流性食道炎のようにレントゲンなどで確認することができない、消化器官運動不全による機能的疾患も多いため、消化器内科では、胃痛や腹痛、便秘、下痢、喉の違和感、胃もたれ、食欲不振、胸やけなど、さまざまな症状を訴えて来院する患者さんを診ることになります

これらは消化器官が関係して起こっているように思える症状であっても、他の内臓が原因になっていることもあるため、超音波検査や内視鏡検査、CT検査などを実施して、根本原因を突き止めてから治療に入らなければなりません。

消化器内科で扱う疾患としては、胃炎や胃および十二指腸潰瘍、急性腸炎、潰瘍性大腸炎やクローン病、腸閉塞、便秘症、過敏性腸症候群、粘膜下腫瘍やポリープなどの良性腫瘍、食道がん・胃がん・大腸がんなどの悪性腫瘍のうち、切除の必要のないものや切除不可能なものなどが、代表的なものとして挙げられます。

一方消化器外科では、外科手術を必要とする消化器官に生じた疾患を取り扱います。消化器外科が行う外科治療の中には、内視鏡手術や肝臓・すい臓移植なども含まれます。

消化器科における薬物治療

消化器科においては、内科・外科のいずれも、薬物による治療が重要な役割を占めています。

たとえば、がんの中でも最も多いとされる大腸がんでは、がんの進行を遅くしたり再発を防いだり、がんを小さくして切除手術を可能にしたりといった目的で薬物療法が取られます。

大腸がんに使用される抗がん剤としては、「5-フルオロウラシル」「塩酸イリノテカン」「オキサリプラチン」などの注射薬に加え、「ティーエスワン」「ユーエフティ」「ゼローダ」「フルツロン」などの内服薬が処方されることもあります。

これらの薬によって生じる副作用は避けられないものですが、予想される副作用に対する対策を講じておけば、症状を緩和させることができます。

消化器科×薬剤師の転職事情

消化器科は病院としても非常に需要が高いため、薬剤師の求人を見つけることもそう難しいことではないでしょう。消化器科の病院内や門前薬局などで多く募集されています。

病院で働く場合には、単に手渡された処方箋に従って調剤業務だけを行っていればいいというわけではありません。がんを取り扱うことも多い消化器科では、術後の患者さんの容態や経過を観察し、必要であれば薬の種類や量、服用方法を変更することを医師に提案することも薬剤師の役割の1つとなり、薬に関する知識以上のスキルが求められることになります。

病院では、がんなどの重篤な疾患と闘う患者さんやその家族を安心させたり励ましたりと、メンタルケアの能力も必要になるでしょう。その分精神的なストレスも感じやすい職場になりますが、調剤業務だけでなくゆっくり患者さんと向き合う仕事がしたいと考えている薬剤師にとっては、やりがいがあり、満足のいく仕事ができる職場になり得るでしょう。

小児科×薬剤師の転職と特徴

医師が処方した薬を調合して患者さんに提供し、服用の仕方や注意点について説明するという点では、小児科の薬剤師の仕事も他の診療科目と基本的には同じです。

しかし、小児科には他科目にはない役割があります

まず、小児の薬は大人とは似て非なるものであるため、薬の管理や調剤の際に気をつけることも異なってきます。同じ名前の薬剤でも大人用と小児用に分かれている場合、当然ですが混同しないように管理する必要がありますし、小児用は錠剤よりも飲みやすい粉末やシロップ状になっていることも多く、適切な調剤方法も保管方法も変わります

さらに、小児の場合は体重によって量が異なるため、患者の体重を把握し、それに応じた量になるように調剤しなければなりません。

また、子どもは苦痛を伴う病院に来ることを嫌がりますし、医師の指導に素直に従うわけでもありません。親も嫌がる子どもを何とかなだめすかして病院へ連れてきて、静かに治療を受けさせようと必死ですから、薬剤師を含め医療関係者たちは、親と協力して治療に臨む必要があります

子どもが薬を飲みたがらず困っている場合は、薬の効果や副作用に問題なく、かつ子供が嫌がらない飲み方のアイデアを提案する必要もありますし、薬の副作用について心配する親には、納得がいくよう丁寧に説明しなければなりません。

実際、小児科で大変なのは、子どもへの対処よりも保護者への対処の方とも言えます。

事細かに質問してきたり、何度も同じことを確認してきたりすることもありますし、医師には遠慮して聞けなかったことを薬剤師に質問してくることもあります。時に理不尽な思いをすることもあるかもしれませんが、その際には保護者の不安な気持ちを汲み取って、丁寧に接することのできる辛抱強さが必要になるでしょう

子どもと接する診療科目であるため、子どもの好きな薬剤師であれば楽しめる職場になりますが、ただそれだけでは勤まらない職場であることも覚えておかなければなりません。

小児薬物療法認定薬剤師について

小児科の専門薬剤師としての資格があれば、転職の幅も広がりますし、収入や待遇面でも平均以上を期待できるでしょう。

小児科の専門薬剤師とは、「小児薬物療法認定薬剤師」のことです。

これは平成24年に創設されたばかりの認定資格で、小児向けの薬物療法において専門的な知識と能力を有していることを認定する制度です。

この資格を得るためには、薬剤師として3年以上の実務経験があり、日本薬剤師研修センター及び、日本小児臨床薬理学会が実施する研修を修了した上で修了試験に合格する必要があります。

また3年ごとに更新が必要で、その際にも規定の研修を受けて30単位以上を取得しなければなりません。

常に努力が求められる資格ですが、少子化が懸念されながら子供の福祉や医療が十分とはいえない現代の日本において、その分野で大きく貢献できる、やりがいのある仕事だといえるでしょう。

小児科×薬剤師の転職事情

少子化が叫ばれているとはいえ、それ以上に小児科不足が問題になっている現在、小児科における薬剤師の役割は非常に重要になっています。

小児科で働くことを希望する薬剤師は、病院や門前薬局など転職先を見つけるのにそれほど苦労することはないでしょう。

耳鼻咽喉科×薬剤師の転職と特徴

耳鼻咽喉科は鎖骨部分から上の、脳・目・歯・首の骨以外の全ての部分を診察・治療する診療科です。

具体的な疾患とその症状を見てみると、まず聞こえにくい、痛い、かゆい、詰まるといった耳の疾患には外耳炎や急性中耳炎、メニエル氏病、聴神経腫瘍、中耳がん、難聴、めまいなども含まれますし、鼻水や鼻詰まり、においを嗅ぎにくいなどといった症状には副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎、鼻前庭炎、鼻中隔彎曲症、嗅覚障害、副鼻腔真菌症、上顎がんなどが考えられます。

喉に関係した疾患としては、声がれやいびき、喉の異物感などの症状では舌炎、扁桃腺肥大、扁桃周囲膿瘍、急性咽頭炎、声帯ポリープ、舌がん、下咽頭がん、睡眠時無呼吸症候群などが挙げられます。

地域密着型の比較的小規模なクリニックなどでは、花粉症や急性中耳炎、急性副鼻腔炎などの治療を取り扱いますが、舌がんや咽頭がんなどが見られる場合には、大学病院や総合病院などの、外科手術や放射線療法の設備が整っている規模の大きな耳鼻咽喉科での治療を勧められます。

耳鼻咽喉科で使用される薬

アレルギー性の疾患や細菌感染による疾患が多い耳鼻咽喉科においては、抗アレルギー薬や抗生物質の処方・投与が必須となります。

アレルギー性の疾患においては、抗アレルギー薬によってアレルギー源となっている化学伝達物質の働きを阻害したり、異常な免疫作用によるヒスタミン放出による炎症を抑える抗ヒスタミン薬が処方されたり、重症の場合にはステロイド薬が使用されることもあります。

また、細菌感染症には必ず抗生物質が使用されますが、外来の場合は大抵内服薬が処方されます。細菌と一口に言ってもさまざまな種類があるため、1つ1つの疾患に関係している細菌を突き止め、その菌に有効な抗生物質をピンポイントで使用するのが理想的ですが、これにはコストと時間がかかるため、広い範囲で有効な抗生物質を投与して様子を見ることになります。

1週間投与し続けても治癒の傾向が見られない場合には、抗生物質の種類を変える必要があるでしょう。この他、咳を止める中枢性鎮咳薬や気管支拡張薬気道粘液修復薬、痰を吐き出しやすくする気道分泌促進薬、気管支を広げて呼吸しやすくする抗コリン薬なども耳鼻咽喉科で使用される薬の代表的なものです。

耳鼻咽喉科×薬剤師の役割・転職事情

耳鼻咽喉科の特徴の1つは、子どもの患者さんが多いというところにあります。

鼻をかむことができず、鼻水が喉や耳に流れてしまって中耳炎などにかかる子供が非常に多いためです。診療を嫌がる子供をなだめすかして来院する保護者と協力したり、機嫌の悪い子どもをうまくあやしたりすることのできる薬剤師は、耳鼻咽喉科でも重宝されるでしょう

薬の効果や使用方法などを説明することはもちろん、嫌がる子どもに薬を飲ませるためのアイデアを提供することも薬剤師の仕事となります。

また、耳鼻咽喉科は地域密着型のクリニックであることが多いため、できるだけ待ち時間が短いことが求められます

それでも、花粉症の時期やインフルエンザの時期にはクリニックも混んできますから、正確かつスピーディに、テキパキと仕事を進めることができなければなりません。待たされてイライラしている患者からクレームをつけられることもあります。

それでも、耳鼻咽喉科は命に関わるような重篤な患者が少ない分、ストレスも少ないですし、抗生物質のおかげで中耳炎が治ったなど、効果が実感しやすい治療を行うため、患者さんに感謝されやすく働きがいがあります。

またクリニックの場合、パートやアルバイトも募集しているので、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるのもメリットといえます。

眼科×薬剤師の転職と特徴

眼科では、近視や老眼のように視力に問題が出てきた場合、目の疲れやかすみ、痛み、異物感など、目に関係した異常を診察し治療します。

視力矯正以外で扱う疾患としては、緑内障や白内障、ドライアイ、眼精疲労などのほか、「飛蚊症」など、さまざまなものがあります。

地域に密着したクリニックから大学病院や総合病院のような大規模な病院の眼科まであり、視力測定や外用薬の処方のような外来のみの病院、あるいは白内障や緑内障の手術と入院の設備も完備している病院など、その規模によって取り扱う治療に違いがあります

眼科の薬物治療

眼科では、点眼薬で治療を行うこともあれば、治療後に視力を回復させたり維持したりするために軟膏、内服薬、注射薬などが処方されることもあり、いずれにしても薬物治療は眼科領域において重要な役割を果たしています。

眼科×薬剤師の役割・転職事情

眼科で処方される薬には様々なものがあるとはいえ、他の診療科目と比べれば取り扱う医薬品の種類は少ない方です。冷暗所での保管など、いくつか特殊な取り扱い方法があるものの、薬剤師にとって眼科は比較的楽な職場といえるかもしれません。

また、デリケートな部分ではあるものの命に関わる重篤な疾患を扱うことはほとんどないため、精神的な負担も、循環器内科や脳外科などと比べればかなり軽いものになるでしょう。

目以外は健康な患者さんが多いので、服薬指導などのコミュニケーションも取りやすいですし、クリニックも多いので、パート勤務など自分のライフスタイルに合わせた働き方ができる点も眼科のメリットです。

一方で、目の手術を控えた患者さんや術後一時的に目が使用できない患者さんはナイーブになることも多いため、薬の使用と今後の経過についてきちんと説明し、安心させてあげることも薬剤師の大切な役割になります。

さらに、地域に密着したクリニックなどは非常に忙しく、長時間待たされてイライラしている患者さんも珍しくありません。正確かつテキパキとスピーディに業務をこなしていく必要があるでしょう。また、眼科には老若男女問わずさまざまな患者さんが訪れますから、それぞれに合わせた柔軟な接し方ができなければなりません。

比較的気楽に勤めることのできる職場ですので、病院薬剤師や門前薬局の仕事としてはかなり条件の良い職場といえるのではないでしょうか。

皮膚科×薬剤師の転職と特徴

皮膚は、体の表面にあって全身を包んでいる袋のようなものですが、だからといって内臓と比べて重要度が低いというわけではありません。

皮膚がなければ人間は生きていくことができないため、皮膚も臓器の1つと見なすことができます。また、「肌は内臓の鏡」と言われることもある通り、内臓疾患が皮膚に表れることも多く、健康のバロメーターということもできます。

皮膚科は、そのような人間の大切な器官を診察・治療するところであり、頭から手足に至るまで、肉眼で観察することのできる体の表面に生じる異常全てを取り扱います。

これには、爪や毛髪の異常も含まれています。具体的には、アトピー性皮膚炎やかぶれ、蕁麻疹などのアレルギー性疾患からヤケドやしもやけ、切り傷や擦り傷などの物理的・科学的疾患など、多岐にわたる疾患が挙げられます。

また、皮膚の異常ではなく美容目的で、レーザー脱毛やボトックス・ヒアルロン酸注射などを行う美容皮膚科もあります。

皮膚科の薬物治療と役割

皮膚科においては外用薬による治療が主な治療法となるため、いかに最適な外用薬を選択して使いこなすかが鍵になります。

抗がん剤やインターフェロンなどの副作用が皮膚に表れることもあり、その症状と薬剤の関係性や重症度、薬剤の継続使用の可否などを判断し、できるだけ安全な形で治療を続けられるようにサポートするのも、薬剤師の役割の1つです。

用法や用量にある程度法則性のある内服薬とは違い、皮膚科で処方される外用薬は、塗る量や範囲、期間などによってその効果に大きな差が出てきます。

特に重篤な患者の場合には、その症状や年齢などをよく考慮し、適切な処方をする必要がありますが、薬剤師も患者の症状をよく観察し、気づいた点を医師に報告、場合によっては処方の変更を提案する必要があります。

また、内服薬に関しては副作用を恐れて用法や用量を守るものの、外用薬の場合、患者さん自身が勝手に使用量や頻度を増やしたり、逆に途中で使用をやめてしまったりすることも珍しくないため、薬剤師には、正しい使用方法や副作用の危険性について、前もって十分に説明する責任があります。

一方、美容皮膚科で働く薬剤師の場合、処方される薬だけでなく、患者の望む美容に有効な化粧品を紹介するなど、その方面での知識も必要になってくるでしょう。

皮膚科×薬剤師の役割・転職事情

皮膚科と他の診療科目との大きな違いの1つは、外用薬による治療が主体となることが多いという点です。そのため、業務の難易度が低いと考え、皮膚科の病院薬剤師や門前薬局を希望する人も多いですが、皮膚科の薬剤師求人を探すことはそう難しいことではありません

皮膚科は命に関わる疾患を扱うことがほとんどないため、精神的な余裕を持って働くことができますが、一方で「かゆくて眠れない」「こんな顔を人には見せられない」など、患者さんにとっては深刻な問題になっていることもあるため、対応する際には配慮が必要です。

皮膚科には、高齢者から子供に至るまで幅広い年齢層が訪れるため、それぞれに適した対応ができるコミュニケーション能力も求められるでしょう。

整形外科・形成外科×薬剤師の転職と特徴

整形外科と形成外科は混同されがちな診療科目ですが、元々あったのは整形外科の方で、運動機能障害や骨折、打撲などとともに、アザや多指症など、体の表面上の疾患を診るものでした。

そこで、運動機能の改善という本来の診療内容に特化させるために、これとは分離して身体表面を治療する「形成外科」が生まれたのです。

つまり「整形外科」は骨や関節、神経など運動機能に関わる疾患を治療する科目であり、具体的には、骨折や捻挫、ムチウチ、神経損傷、ヘルニア、線形成膝関節症、骨粗しょう症、リウマチ、骨や筋肉の腫瘍などを取り扱うことになります。

それに対して形成外科は、体の表面に生じた異常を診る科目ですから、具体的には切り傷やヤケド、顔の骨折、皮膚・皮下の腫瘍、アザ、事故などによりケロイド状になった箇所、腫瘍手術などによって損なわれた部分の再建、先天性の体の色や形の異常などを取り扱います。

また、疾患によっては外科と形成外科が協働して治療に当たる場合もあります。例えば、乳がんであれば切除手術を胸部外科が行ったあと乳房再建手術は形成外科が行ったり、ヤケドの治療であれば皮膚科で治療したあとヤケドの痕を形成外科が治療したりします。

整形外科・形成外科×薬剤師の役割

整形外科や形成外科においては、内科や精神科のように薬物治療が治療のメインになることはあまりありませんが、治療をサポートするものとして非常に重要な役割を果たしていることに変わりはありません。

具体的には、痛み止めや抗炎症剤が医師から処方され、薬剤師はその処方に基づいて薬を患者に提供し、その使用方法や効果、注意点を説明するなどします。特に整形外科の場合、個人クリニックであることも多く、地域密着型であるために薬剤師にもそれ特有の働きが求められることになるでしょう。

たとえば個人クリニックの場合は、大学病院や総合病院とは違って待ち時間が短いことが期待されますから、薬剤師の業務もそれに合わせてスピーディに行わなければならない場合もあります。

整形外科・形成外科×薬剤師の転職事情

混同されがちな整形外科と形成外科ですが、それぞれの薬剤師求人状況からいうと両者にはかなりの開きがあります。

整形外科の場合は大型病院のほか、個人で開業しているクリニックも多いため病院、病院前の調剤薬局の両方があり、薬剤師の求人数も十分なのですが、形成外科となると個人クリニックは少ないため、病院前の調剤薬局がメインになりますので、薬剤師の求人数も整形外科と比べると少ないと言わざるを得ません。

心療内科×薬剤師の転職と特徴

精神科や心療内科というと、その治療法も心理療法がメインとなるため、薬剤師の需要はほとんどないのではないかと考える人も少なくないようですが、実際には他科目と同様に薬物治療が大きな役割を担っているのです。

心療内科は精神科と混同されがちですが、そもそも心療内科とは「心身症」を取り扱う診療科目です。

「心身症」とは器質的および機能的障害が心理社会的要因を原因とするもので、たとえば胃炎のようにレントゲンなどで捉えることができる器質的障害、あるいは過敏性腸症候群のように、レントゲンには何も写らないけれど、確かに下痢や腹痛などの症状が出ている機能的障害のいずれかを症状として訴えており、その原因が心理的なものや社会的なものに由来する場合を「心身症」と呼ぶのです。

よく、「ストレスによる胃潰瘍」などと聞くことがありますが、これらが心身症にあたり、心療内科での治療が必要になるというわけです。

心療内科と精神科は非常に似た部分もありますが、その大きな違いは、精神科はあくまで精神疾患を扱う科目であるという点です。

つまり不安や鬱、イライラ、妄想など心の症状を障害としている場合にかかる診療科目で、たとえうつ病などで身体症状が出ているとしても、メインが心の症状である場合には精神科が扱うことになります。

つまり違いを簡単に言えば、原因は同じく心や社会的要因にあるとしても、主に身体に症状がでているのであれば心療内科、心の症状であれば精神科と区別することができます。

心療内科における薬物療法

心療内科においては、中枢神経に作用して精神や行動に変化を起こす向精神薬の投与が薬物療法のメインとなります。例えば、不安や緊張、焦燥感を軽減する抗不安薬や、憂鬱な気分を改善し意欲や活動性を向上させる抗うつ薬、幻覚妄想などを改善し情動を安定させる抗精神病薬、睡眠導入剤なども使用されます。

心療内科における薬物療法は、治療法の2本柱の1つですが、その半面、心身症に対する決定的な根本治療法はまだ確立されていないため、薬物療法も対症療法が中心となっています。つまり、患者のその時その時の症状に応じて薬の種類や量を調整し投与することで対処していく、後手後手に回る治療法でしかないというのが現状です。

また、一般内科などでは、病名やその程度によってある程度処方される治療薬は決まってきますが、心療内科の場合、同じ病名でも人によって全く違う薬が処方されます。特に向精神薬は、同じ量でも人によって効果や副作用に違いがあるため、個体差の大きい非常に処方が難しい分野と言わざるを得ません。

心療内科×薬剤師の役割と転職事情

薬物療法がメインでありながら、処方が非常に難しい心療内科では、薬剤師にも高い知識と能力が求められます

基本的には医師の処方に従って薬を調合し、患者さんに服用方法を指導する一般的な薬剤師業務と変わりありませんが、前述の通り個体差があり、患者さんの状態によっても効果や副作用が大きく変わるため、薬剤師は常に患者さんの状態を見守っていなければならず、必要があれば医師に報告し、薬の処方について提案することもできなければなりません。

また、患者の中には向精神薬を服用することへの不安を抱えている人も多いため、そのような患者さんを安心させるメンタルケアも必要になります。

このように、心療内科における薬剤師の役割は非常に大きいのですが、一方で重要な役割を担う割に、年収は他科目と比べて突出しているわけではないのが現状です。ただ、需要が高まり続ける心療内科の中で大きなやりがいを感じている薬剤師も多く、年収よりも仕事へのやりがいを重視したい薬剤師さんにはおすすめの診療科目だといえます。

まとめ

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

いかがだったでしょうか。

この様に病院や門前薬局の薬剤師は診療科によって業務が変動しますので、転職先として考える時にはよく調べておくようにしましょう。

何にしてもまずは、自分に合った薬剤専門の転職サイトに登録して、情報収集からはじめて行きましょう。そして、担当のキャリアコンサルタントに希望する診療科や条件を伝えて、求人を紹介してもらうことはもちろん、気になる求人があったら職場環境などをしっかりと事前に確認しましょう。

おすすめの薬剤専門の転職サイトはこちら↓

薬剤師の転職サイトを比較してみた

調剤薬局の転職に役立つ情報↓

不安を解消!調剤薬局へ転職したい薬剤師のためのお役立ちガイド