現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

こんにちは。人より転職回数が多め?の薬剤師のまりりんです。

薬剤師求人の中には、多くはないですが化粧品会社の求人もあります。薬剤師が化粧品会社の製品開発に関わることもあるのです。

今回は、そんな化粧品会社へ転職を希望する薬剤師さんに役立つ情報をご紹介します。

化粧品会社へ転職を考える薬剤師の基礎知識

薬剤師の就職・転職先として増えているのが化粧品会社です。「メディカルコスメ」という言葉にもあるように、医師や薬剤師が製品開発に本格的に関わるケースも増えていることから、医薬品の知識や技術の需要が急増しているのです。

化粧品会社における商品開発というと、これまであまり薬剤師は関わっておらず、理学系の人材がおもな担い手でしたが、近年ではこうした化粧品会社の状況に変化が生じてきたともいえます。

また、マーケティングの分野でも薬剤師が求められています。この業界では効果だけでなく安全性も同じように重視されていますので、営業や広告、広報といった業務に幅広く薬剤師が採用されるケースが増えています。

化粧品会社の薬剤師の仕事内容

化粧品会社と言えば、女性が憧れるの職場の一つとと言うこともあり、商品の研究開発過程で多くの女性薬剤師が活躍しています。

化粧品会社の薬剤師の仕事は主に、商品開発、パッチテスト、品質管理といったものがありますが、特に品質管理は、化粧品が直接肌に付けて使用するものであるため、非常に神経を使うと言われています。

例えば、開発した商品に副作用があることが後になって判明した場合、社会問題にまで発展してしまう事が予測されるため、それを未然に防ぐための研究や開発には大きな責任が伴います

ですから薬剤師は、人体に使用する化粧品の成分とその作用や、人体に与える影響についても調査する必要があるのです。

このように、化粧品会社の薬剤師の仕事はとても責任の大きなものですが、化粧品を使用する人たちを満足させる事ができる商品の開発に携わるため、やりがいのある、満足感の高い仕事とも言えるでしょう

また、近年では男性用化粧品の需要も高まっていることから、男性向け化粧品の開発でも多く の薬剤師が活躍するようになってきています。

化粧品会社での原材料選定は薬剤師が頼り

化粧品を使用する女性の肌は千差万別で、敏感肌や乾燥肌など様々な種類の肌質があります。ただ、肌質は大別することができたとしても、一人ひとりの肌質は実際には異なるため、化粧品の原材料選びには非常に神経を使う事になります。

そんな化粧品の原材料選びの段階でこそ、薬剤師の知識や経験がものを言います。天然のものや化学合成されたものはそれぞれの作用や効果が異なるため、このような肌質にはどのような成分が効果を発揮するのか…等を研究の段階で調査します。

化粧品会社で女性薬剤師が活躍している大きな理由は、自らも化粧品を使用しているからだと考えることができます。

開発側の立場だけでなく、その化粧品を使用する側の立場にも立って研究することができるため、より安全で高品質なものを作り出すことができるからでしょう。だからこそ、化粧品会社では女性薬剤師が多く求められているのです。

化粧品会社の品質管理は信頼を築くことが不可欠

化粧品会社に勤務する薬剤師の仕事の一つに品質管理があります。

化粧品の原材料は温度や湿度の変化によって微妙に効果が変化します。日本のように夏は高温多湿で冬は乾燥が続く気候の場合、品質を一定に保つのは決して容易なことではありません。そのため薬剤師は、開発段階で原材料の品質変化についての研究を行なうだけでなく、完成後の製品の品質管理も行なうのが一般的とされています。

また、市販化された商品が経年劣化によりどのような変化を示すのかについても研究を行ないます。こうしたことの積み重ねにより、より信頼性が高く安全な商品を提供することができるのです。

化粧品会社では副作用などの研究も行なう

化粧品会社の薬剤師たちは、化粧品の開発段階で皮膚科医と共同研究を行なうことがあります。

化粧品は顔などの皮膚が薄く敏感とされる部分に使用することが多いため、アレルギーや副作用の出にくい安全な商品を開発することが必要不可欠だからです。そのために皮膚科医と共同研究を行ない、消費者の肌質にあった商品の開発に必要な知識を共有しているのです。

もし万が一、化粧品により副作用が発生すれば、消費者を心身ともに傷つけてしまうことになってしまいます。もちろん企業にとっても、信用を失い死活問題にもなりかねませんし、社会的に大きな制裁を受けることにもなります。

こうしたリスクを未然に回避するためにも、薬剤師などの専門家たちがチームとして働き、研究開発を行なっているのです。

化粧品会社でのパッチテストの立ち合い

薬剤師は開発された新商品が市販される前のテストにも立ち会います。

モニターなど被験者に、開発した化粧品を実際に使用してもらい、化粧品の肌への乗りの良さや化粧水の肌への浸透性、さらには化粧品のうたっている効果について分析します。これらのテストに薬剤師は、専門家としての観点から携わります

加えて商品を販売する前段階ではマーケティングにも立ち合い、専門家の視点から商品の強みや効果性をアピールします。

このように化粧品会社の薬剤師は、商品の原材料の選定から商品開発、商品のテストや販売といった一連の分野すべてに立ち会うことになりますが、だからこそ化粧品会社の薬剤師の仕事は、やりがいのある仕事だと言えるのです。

化粧品会社の薬剤師の年収相場

化粧品会社の薬剤師の年収はスタート時から高いため、採用側が欲しいと思う人材を精査する傾向があります。つまり薬剤師にとっての化粧品会社は、売り手市場というよりも買い手市場だということです。

このように転職・就職するためのハードルは高く、繰り返しチャレンジする努力や粘り強さが求められます。

しかし化粧品会社への転職・就職は難易度が高いものの、転職を考える薬剤師が年々増加しているのです。その理由は化粧品会社の経営が比較的安定していることと、報酬の高さにあると言われています。

さて、本題の化粧品会社の薬剤師の年収についてです。大手化粧品会社の場合、平均年収は700万円以上とも言われています。さらに薬剤師の場合、薬剤師手当が支給されるため、年収をさらに押し上げることになり、年収1000万円を超える人も少なくありません

このように薬剤師の平均年収と比較しても100万円以上もの開きがあることを考えると、化粧品会社の薬剤師として働くことを希望する人が増加している理由が良く分かります。

化粧品会社の管理職は年収がさらにアップ

化粧品会社に勤務する薬剤師の中には、管理職として働いている人もいます。化粧品会社の場合、管理職は年俸制になるケースが多く、月収は年俸を12で割った報酬が支払われるのが一般的です。

大手化粧品会社の管理職クラスになると年収1200万円を超える年収を手にしている人も珍しくなく、部長クラスになると年収2000万円もの年収を得ている人もいます。

管理職として勤務するためには、人事考課において高い評価を受ける必要があり、薬剤師としてのスキルだけでなくマネジメント能力やコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力が必要になってきます。

幹部候補を目指すための社内研修やカレッジ制度を設けている企業は少なくないため、入社後に自らのスキルアップを目指して努力を続けることが大切です。

化粧品会社の薬剤師の転職事情

化粧品会社の薬剤師求人は新卒者向けの求人と中途向けのキャリア採用に分類されます。研究や開発に携わる薬剤師の場合は、6年制の大学課程を修了し、薬剤師免許を取得後に応募することが可能になります。

化粧品会社の新卒者向けの求人は各企業のコーポレートサイトで確認することができますが、薬剤師向けの転職サイトや大手転職サイトでの募集が一般的です。

キャリア採用は研究開発に携わっていたスタッフが退社した場合や、事業拡大のために人員を増やす場合に行なわれ、この場合の情報も化粧品会社のコーポレートサイトに掲載されます。

中途採用(キャリア採用)は新卒者の採用とは異なり、不定期採用となるため、定期的に求人情報をチェックすることが大切です。

化粧品会社の薬剤師の求人

化粧品会社の求人の数が増加していることもあり、大手転職サイトでも化粧品会社の薬剤師求人を見つけることができるようになりました。ただし、条件のよい薬剤師求人は、もちろんすぐに応募が殺到してしまう傾向が見られます。

また、業務内容によって求められる適性が異なる他、待遇面でも違いが見られます。やはり製品開発・研究の方が待遇面が有利になりますが、求人の数が少ない面も見られます。

広く情報収集を行っていくのはもちろん、良い情報をピンポイントで入手できる環境も求められますので、まずはいくつかの薬剤専門の転職サイトに登録することをおすすめしたいです。

さらに、化粧品会社の薬剤師の求人では、職場によって求められる人材が異なってきます。製品の開発や研究の分野に関しては、原則として製薬会社と同様、薬剤師としての専門的なスキルを生かした仕事となりますから、中途採用の場合はその方面へのキャリアが重視されます。

また、未経験の場合はかなり求人の選択肢が限られてしまうので覚悟が必要です。

一方マーケティング関連の職場では、薬剤師としてのキャリアはそれほど重視されません。そのため未経験でも応募可能な求人が多い一方、キャリアよりも適性が求められる面があります。自分がマーケティングの仕事に向いているかどうか、コミュニケーション能力など対応できるスキルを備えているのかどうか、確認しておきましょう。

化粧品会社への転職で人気の薬剤師求人

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

ここからは、人気の化粧品会社や求人状況について詳しくご紹介していきますね。

資生堂の薬剤師求人

化粧品国内大手の資生堂は日本のみならず海外でも人気の化粧品を販売し、グローバルコスメティックブランドとしての地位を築きました。 明治5年に東京銀座に資生堂薬局を開局し、以来医薬品の販売だけでなく資生堂パーラーとして知られる洋菓子店や化粧品開発を手掛けています。

その結果、売上高7000億円を超える巨大企業へと成長しました。

資生堂には化粧品開発を手掛ける化粧品事業部、健康食品や医薬品を開発、販売するヘルスケア事業部、美容向け医療商品の開発を行なうフロンティアサイエンス事業部などがあります。医薬品の販売からスタートした企業ゆえに薬学部出身者が多く在籍しており、企業内でも薬剤師が活躍しています。

資生堂のグローバルな開発拠点

資生堂はグローバルコスメティックブランドとして世界中の人々から愛されています。資生堂の主力商品である化粧品事業を支えているのが世界中にある研究開発部門です。日本国内には6拠点、中国や台湾、ベトナム、アメリカ、ヨーロッパにそれぞれ生産工場や研究施設を構えています。

それぞれの研究開発拠点では人種や気候に合った化粧品開発が行われており、日本からも多くの研究者が出向しています。

美白や美肌研究、抗老化研究、原料開発や薬剤開発が行われていますが、研究開発で特に力を入れているのが美白研究で、薬剤開発分野においては美白化粧品の成分である4-メトキシサリチル酸カリウム塩が世界各国で特許を取得し、美白化粧品のリーディングカンパニーとしてその名を馳せています。

グローバル企業ゆえに資生堂に勤務する薬剤師の中には海外拠点に赴任するケースも

資生堂の薬剤師求人事情

資生堂の薬剤師求人は新卒採用、経験者採用、関連会社採用にわかれています。

新卒採用については毎年コーポレートサイトに新卒採用に関する情報が掲載されるため、応募要項に良く目を通し、指定されている転職サイトなどを通じてエントリーを行ないます。

中途採用については不定期ながら行なわれていて、欠員募集や事業拡大の際に募集が行われます。詳細はコーポレートサイトで提供されるため、定期的に内容をチェックすることをおすすめします。

中途採用の場合、給与についてはこれまでの経験や実績が考慮されます。管理薬剤師の場合は管理薬剤師手当などの支給もあります。関連会社採用についての情報もコーポレートサイトで確認できます。本社募集がない場合には関連会社への転職を検討してみることもいいでしょう。

花王の薬剤師求人

日本を代表する化粧品会社の一つが花王株式会社です。花王は洗剤用品や食品開発も手掛けており、カネボウ化粧品を傘下においています。

花王の事業規模は非常に大きく、連結売上高は1兆2千億円を超えています。花王の歴史は古く創業は明治20年にまでさかのぼります。東京日本橋で石鹸を販売する長瀬商店が創業の原点でその後石鹸の生産事業を始めるようになりました。

それ以降私たちの暮らしを支える様々な日用品を発売し、その人気は瞬く間に広がっていき、化粧品やトイレタリー製品の研究開発が続けられています。

花王のブランドイメージ

花王は社会貢献に力を入れている企業で、環境に配慮し次の世代に美しい自然環境を残していくことを第一に掲げています。

その一環として花王はCO2排出量の削減に取り組んでおり、原材料調達や開発及び製造、物流の効率化を進めることで地球環境を守る姿勢をアピールしています。

販売する商品は商品パッケージの見直しを図り、リサイクル可能な商品を販売することでお客様の手に商品が渡った後のCO2排出量を大幅に削減しています。さらに社会貢献活動にも積極的に取り組むことで内外から高い評価を得ているため、花王のブランドイメージに対する信頼は高く、多くの花王ファンを生み出しています。

こうしたことが背景にあり、社会的な信頼が高く経営基盤が安定している花王への転職・就職希望者も少なくありません。

花王の薬剤師求人事情

花王では毎年新卒者向けの採用と中途採用を行なっています。新卒者向けには花王のコーポレートサイトを通じて情報が公開されています。

薬剤師は主に研究開発分野での募集になります。勤務体系はフレックスタイム制の導入により、生活とのバランスを保ちながら仕事に携わることができるよう配慮されています。

薬剤師向けのキャリア採用制度を導入している花王では、研究開発分野での経験を有する人材を募集しています。 募集時期は不定期ですが、コーポレートサイトを通じてキャリア採用情報が提供されていますので、定期的にチェックをしておくことが大切です。

また、花王のキャリア採用としては、花王化粧品、ニベア花王株式会社での中途採用が有名です。中途採用の場合の待遇は新卒者向けの待遇と内容はほぼ同じですが、給与や手当が異なります。これまでの経験やスキルによって報酬が異なり、管理薬剤師などの資格を有している場合は、管理薬剤師手当が支給されています。

選考方法は履歴書および職務経歴書の送付による書類選考、面接による選考の2段階となっています。花王はグローバル企業として海外の事業拠点にも薬剤師を配置しています。そのため英語を話すスキルを有している場合は、海外の化粧品開発拠点での勤務の可能性もあります。

海外赴任を希望する薬剤師の方であればぜひ目指したい分野と言えるでしょう。

カネボウの薬剤師求人

女性の本来の美しさを引き出す化粧品開発を手掛けてきたのがカネボウ化粧品です。カネボウの歴史は古く1937年に化粧品事業を開始し、以来約80年にわたって多くの女性たちに愛され続けてきました。現在は花王の子会社としてカネボウ化粧品のノウハウを継承し、価値ある製品作りを続けています。

カネボウ化粧品の強みは全国に広がる販売ネットワークです。各都道府県に営業所を配置し、きめの細かい営業活動を行なっています。薬剤師が活躍しているのはカネボウ化粧品の研究所や生産工場です。

カネボウ化粧品は国内外に研究所があり、海外で活躍している薬剤師たちも少なくありません。そのため海外赴任を目指す薬剤師が転職を目指すこともあります。

カネボウはお客様の声に向き合う企業

カネボウ化粧品は化粧品を使用するお客様の声を商品開発に生かしています。インターネットや電話、店頭を通じてお客様の声が届けられ、お客様が安心して利用できる化粧品開発に活用されています。

カネボウに勤務する薬剤師たちは寄せられるお客様からの要望に基づき、原材料の選定や商品開発を手掛けます。

商品開発においては薬剤師だけでなく、マーケティングスタッフとのコミュニケーションを図り、お客様に納得して購入してもらえる商品開発を行なっています。

そのため薬剤師には高いコミュニケーション力が求められます。他業種からの転職の場合は、調剤やOTCなど患者さんと向き合う薬剤師業務を行なってきた人が向いている仕事と言えるでしょう。

カネボウの薬剤師求人事情

カネボウ化粧品では新卒の薬剤師とキャリア採用を行なっています。

新卒の採用についてはコーポレートサイトから情報を入手することができます。指定の求人情報サービス会社にエントリーを行なうことで、詳しい情報が提供されます。キャリア採用については不定期で行われているため、コーポレートサイトを定期的にチェックし、求人情報が掲載された段階ですぐに申し込めるように用意を整えておくとよいでしょう。

POLA(ポーラ) の薬剤師求人

女性が豊かさを感じられる商品作りを心がけてきたのがPOLA(ポーラ) 化粧品です。POLA(ポーラ) は他の化粧品会社と比較すると、多くの女性薬剤師が活躍している企業です。

女性の社会進出が進み、より女性らしさを表現するためには、女性に喜ばれる化粧品開発が必要です。POLA(ポーラ) は常にその目標に向かって歩み続けてきました。

POLA(ポーラ)が掲げる企業理念にアンチエイジングアライアンスがあります。いつまでも若く美しくありたいという女性の願いを実現するために、質の高い商品開発だけでなくアンチエイジングを実現する商品の研究を行なっています。

こうした企業理念が企業内の女性社員の割合の高さに表れています。そのため女性薬剤師の人気の企業としても知られています。

POLA(ポーラ)の薬剤師の仕事

薬剤師が果たす役割には、商品開発、原材料管理、商品管理、商品品質維持、マーケティングがあります。

薬剤師が研究開発以外のマーケティングに携わるのは化粧品会社でも珍しいことで、様々な立場の社員の意見を反映させた商品開発が行われていることを良く示しています。

薬剤師が携わる原材料管理とは化粧品の原料の保管により品質の変化を防ぐ業務が含まれています。温度や湿度、気圧の変化によって化粧品の原料は微妙に変化することがあります。常に最高品質の化粧品を開発するためには変化しない品質の高い原材料が必要です。

また発売後の商品が時間とともにどのように品質が変化するかを研究する仕事もあります。品質の高い化粧品を長く使用してもらうためには、経年劣化をいかに防ぐかが課題です。この点で薬剤師たちが活躍しています。

POLA(ポーラ)の薬剤師求人事情

POLA(ポーラ)化粧品の薬剤師求人は、新卒採用とキャリア採用に分類されます。

新卒採用は毎年エントリーが行われるため、企業のコーポレートサイトから情報を入手してエントリーを行ないます。キャリア採用は主に研究開発やマーケティング分野での採用が中心です。これまでに化粧品などの研究や開発に携わってきた経験があれば、申し込むことができます。

マーケティングは営業経験が少ない薬剤師には高いハードルに思えるかも知れませんが、流通の仕組みを知ることができるため知識を深めスキルアップを目指すのに最適です。

どの分野もチームで仕事を行なうことになることから、コミュニケーション力が求められます。だれとでもコミュニケーションを図ることができる薬剤師であれば、自分自身の可能性をさらに広げることができます。

女性を積極的に採用しているため、女性薬剤師に向いています。福利厚生には厚生年金や社会保険に加えて財形貯蓄制度や社員寮などがあります。手厚い福利厚生がありますから、今も将来も安定した生活を送ることができます。

コーセーの薬剤師求人

太平洋戦争の翌年、将来は女性の時代になると期待を抱いて創業したのがコーセーです。1948年に今のコーセーの前身である株式会社小林コーセーが創業しました。以来コーセー化粧品は時代をリードする化粧品開発を手掛け、高級化粧品の販売にも力を入れてきました

コーセーの企業理念に、「英知と完成を融合し、独自の美しい価値と文化を創造する」というスローガンがあります。この理念に基づき、女性向けファンデーションはコーセーの化粧品の代名詞とも言われるようになり、芸能界、経済界、スポーツ界など様々な分野で活躍する女性たちから愛され続けてきました。

コーセーの歴史は化粧品開発に情熱を注ぎ続け、社会に進出する女性たちを支えてきたことを証明しています。

コーセーで薬剤師が活躍する場

コーセーでは研究開発において薬剤師たちが活躍しています。薬剤師が携わる新商品の開発は、原料選びからスタートします。それは、高品質な化粧品を開発するには原材料を吟味し、適切な管理のもとで保管された原料を使用することが必要だからです。

そこで管理薬剤師として勤務する職員は、原材料が保管される施設で劣化や品質変化が起こらないように細心の注意を払っています。また、化学変化が起きる可能性についても研究を行ない、より質の高い原料選定を行なっています。

商品を市販化する際には、人体への影響はもとより、変わらぬ品質が維持できるかどうかを長期間にわたってテストします。この分野でも薬剤師が活躍していて、市販化されるまで研究チームが一体となり商品テストを行ないます。

一方でマーケティングを行なう薬剤師もいます。化粧品ごとのターゲットとなる顧客層を絞り込み、それぞれのニーズに合わせたマーケティングを行なうためには、商品知識が豊富な薬剤師が適任だからです。

コーセーの薬剤師求人事情

コーセーでは不定期ではあるものの、薬剤師向けのキャリア採用制度を導入しています。

キャリア採用に関する情報は企業のコーポレートサイトで告知されるため、定期的にチェックをしておくことが必要です。薬剤師として勤務する場合は国内の工場、研究所、海外の研究施設が含まれます。海外赴任を目指す場合には、英会話力が必要です。もし転職を考えている場合には、英会話スキルを磨いておくとよいでしょう。

コーセーでは女性が働きやすい環境を提供するために企業努力を払っているのも注目できます。コーセーの薬剤師求人は主に女性向けですが、男性薬剤師も複数活躍しているため、男性の方も転職先として候補に入れることが可能です。

まとめ

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

いかがだったでしょうか。

今回は化粧品会社への転職に役立つ情報をまとめてみました。

化粧品会社の薬剤師求人は、近年見られるものの人気の職場と言うこともあり、まだまだ狭き門ではあります。

そんな化粧品会社へ転職を希望する場合、やはり一般的な大手転職サイトであったり、薬剤専門の転職サイトにまずは登録することをおすすめしたいです。転職サイトに登録しておけば登録後に専任の転職コンサルタントが、自身の希望する条件や職場環境に合った化粧品会社の求人を紹介してくれますので、スムーズに転職活動がすすめられます。

また、各化粧品会社の公式サイトでの採用情報も定期的にチェックするようにしましょう。

おすすめの薬剤専門の転職サイトはこちら↓

薬剤師の転職サイトを比較してみた