現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

こんにちは。人より転職回数が多め?の薬剤師のまりりんです。

ベテランの仲間入りとも言える40代。今回は、そんな40歳以上の薬剤師さんの転職に役立つ情報をご紹介します。

40歳以上の薬剤師におすすめの求人

40歳以上の薬剤師の転職事情は?

40代といえば会社の中で中堅の立場になり、部下ができたりもして、責任感のある仕事を任される年代ですよね。

40歳ともなると、人をまとめる立場になる薬剤師さんも多いです。ある程度昇進もしてきたけれど、もっと上を目指したい。できれば店長、そして本部のマネージャーになりたいと思っている方はこのままでいいのでしょうか。

今の職場で努力が認められて今の立場にいるのであれば、きっと満足できる仕事をしているのでしょう。しかし、どれだけ頑張っても上司に認められないということもあります。そんなときは、転職するのが一番!

40歳以上でもう遅いでしょ?と思っている薬剤師さんもいらっしゃるかもしれません。実は、調剤薬局やドラッグストアの薬剤師に限ってはそんなこともないのです。

40歳以上の薬剤師の転職

40代はもっとも転職が難しい年齢とも言えますが、これは薬剤師においても例外ではありません。求人探しを行う際には、これまで積み重ねてきたキャリアを考慮したうえで、これからもキャリアを積み重ねていける職場を選んでいく必要があります。

40代の転職が難しいと言う理由はいくつかあります。

40代に入ると求人の選択肢が狭くなるのがまず一つ。専門的な知識とスキルを備えた薬剤師は、他の業種に比べれば40代以降でも求人の選択肢に恵まれている仕事といえますが、求人数はともかく条件面など質の面で選択肢が限られてきてしまい、自分の希望・理想にあった求人が減少します。

また40代ともなれば家庭環境・生活環境などの事情から相応の収入が求められますよね。さらに、これまで培ってきたキャリアに相応しいポストや環境も求めたいところでしょう。そうなると求人の数は多くても、自分の条件に合うものが少なくなってしまうのです。

キャリアアップと生活環境どちらを重視するか?

40歳以上の薬剤師の求人探しではキャリアアップ志向か、生活環境を重視するかで方向性が真っ2つに分かれる傾向が見られます。

キャリアアップ目的の場合には、基本的にはこれまで働いてきた職場、従事してきた仕事と同じ条件・もしくは更に良い条件での転職を目指すことになります。

より高い年収、責任あるポスト、あるいは将来性などが求人探しの際の重要なキーワードとなるわけです。こうした点は求人サイトに掲載されている求人情報だけでチェックするのが難しい部分があり、こうしたルートからはなかなかよい求人そのものを見つけにくい面もあります。そのためできるだけ幅広いルートを活用して情報収集に励んで行きたいところです。

例えば、薬剤師向けの転職エージェントを利用して、非公開求人をはじめとしたよい待遇の求人を入手できる環境を作ったり、あるいはこれまで培ってきた人脈(コネ)をうまく活用するなど。特に40歳以上の薬剤師の転職で役立つのが人脈です。

もともと転職が多い職種なので、長い間働き続けていればかつての同僚がさまざまな職場へ転職していたり、仕事の際に付き合いのあった会社やスタッフとのつながりができていたりするものです。キャリアアップを目指す際にはこうしたコネを総動員し、「利用できるものはすべて利用する」くらいの心構えが重要になります。

一方、生活環境を重視する場合には、待遇面よりも勤務時間や休日といった条件を優先して求人情報を選んでいくことになります。

その際には、辞めることにした職場にどのような不都合や不満を感じていたのかを明確にしておきましょう。

残業の多さや人間関係など、理由はひとそれぞれです。そのうえで、家庭生活と両立できる就業環境とはどのようなものなのか?を明確にしたうえで求人情報を吟味していきます。

あらかじめ選択肢を絞り込む

薬剤師の転職では、できるだけ広い視野で求人探しを行っていくことが大切です。特に近年では、治験関連や医療機器メーカーといった多様な職場からの求人が増えています。

しかし40歳以上の場合は、例外的で寧ろある程度の選択肢を絞り込んでおいたほうが、効率よく求人を探していけます。

キャリアアップ志向なら、先にも触れたようにこれまで従事してきた分野と同じ職場を、生活環境を重視するならそれを得やすい業種に絞っておくわけです。

残業や休日出勤を避けたい場合には調剤薬局、人間関係に煩わされたくない場合にはドラッグストア、新しい分野にチャレンジしたい場合には治験業務など、目的に合わせて分野を絞込み、ひとつひとつの求人を時間をかけてしっかり吟味していく。

これが40歳以上の薬剤師の求人探しにおけるもっとも基本的なポイントとなるでしょう。

40歳以上の薬剤師パート求人

子どもも手が離れて、そろそろ少し働き始めようというママ薬剤師さんや、親の介護等があり正社員での勤務が難しく、パートでの勤務を検討中の薬剤師さんなど、パート薬剤師の勤務を希望される方も多数いる事でしょう。

薬剤師の人手不足は慢性的で年齢が採用に不利になるということはあまりないといえるのが現状で、待遇面や勤務条件など要望が多すぎない限りは、何かしらの仕事に就く事ができる、それほど求人は豊富にあります

薬剤師免許を持っているということで、時給も薬剤師として一般的な2000円前後〜それ以上と、年代にかかわらず一般の職業に比べて高時給です。調剤薬局をはじめドラッグストアにおいては、法律によって薬剤師だけが第1類医薬品を取り扱えることになっているため、第1類医薬品を説明し服薬指導できる立場にある薬剤師は貴重な存在なのです。

通常ドラッグストアではシフトで勤務するスタッフが多いのですが、その中に必ず薬剤師資格を持ったスタッフがいるとは限りません。

そのため、第一類医薬品を置きたいけど薬剤師がいないため、取り扱う事ができないドラッグストアなどでは、薬剤師を短時間でもいいから配置したいと考える事も少なくないと言います。

このような現状を十分に把握したうえで薬剤師の求人を探していけば、希望する時間帯での勤務も可能になるといえそうです。

40歳以上の薬剤師のおすすめ求人条件

40代~50代となると社会経験も豊かで人としても若い世代よりも成熟してきている事が特徴といえます。

ブランクがある方の中には、子育て期間を経て、しばらく業務から離れていると現場に戻れるかどうか不安だという薬剤師も多いかもしれません。

しかし最近の求人では、復職支援を積極的に行っている職場や、ブランクに対応できるよう研修・教育制度を充実させている職場が多く見られ、自身が考えているほどハードルは高くないというのが現状です。

ブランクがあるしダメかもしれない…と思い悩むよりも、働きたいという前向きな気持ちがあれば、難なく乗り越えられることがほとんどです。

また、最近は国の医療費負担の軽減を目的として調剤薬局の仕事内容も調剤報酬改定に伴い変化しており、周辺知識の補完も社内でサポートをしてくれることがあります。

不安な方は研修や教育制度を希望条件として探してみるのもよいでしょう。

もちろん、今まで薬剤師として経験がある方もパート先は十分に見つかるといえます。経験を活かした科目の門前薬局、特にそれにこだわらずに自宅近くや駅近、車での通勤が可能な薬局、残業なしなどプライベートとのバランスを考えた上で就業先を探すことも可能でしょう。

パートを希望する前に一箇所に長く勤務されていた方は、自分が勤めていた薬局のルールが全てだと思いがちな傾向もあります。薬局によって調剤から監査、投薬、疑義照会する内容の範囲やシステムなど、薬局の数だけ異なるルールが存在するといってもよいでしょう。今までのやり方にとらわれない柔軟な考え方も時には必要になってくるといえます。

仕事内容は求人情報をみてわかるものもありますが、詳細は直接問い合わせてみなければわからない部分が多くありますので、専門家のサポートを受けるのも良い方法だと言えそうです。

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

いかがだったでしょうか。

今回は40歳以上の薬剤師さんにスポットを当ててご紹介しました。40歳以上の転職はじっくり吟味する必要があります。

何にしてもまずは、自分に合った薬剤専門の転職サイトに登録して、情報収集からはじめて行きましょう!そして、担当のキャリアコンサルタントに希望する条件を伝えて求人を紹介してもらうことはもちろん、気になる求人があったら職場環境などをしっかりと事前に確認しましょう。

おすすめの薬剤専門の転職サイトはこちら↓

薬剤師の転職サイトを比較してみた