現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

こんにちは。人より転職回数が多め?の薬剤師のまりりんです。

薬剤師としてステップアップして、いずれは年収1000万円以上の高収入…1度は夢みたことがある薬剤師さんもいらっしゃるのではないでしょうか。ですが、年収1000万円以上って現実的にどうなの?と言う声も多いです。

そこで今回は、年収1000万円以上の薬剤師求人についてご紹介します。

年収1000万円以上も可能?高年収の薬剤師求人

薬剤師の平均年収は540万円程と言われています。

高年収の薬剤師求人となると、やはり大手製薬メーカーが挙げられます。大手製薬メーカーと調剤薬局では、年収が100万円~200万円程の開きがある場合もあるのです。

製薬メーカーでは、MRのように成果主義の営業職があります。

そういったことから、職場によっては成果を上げさえすれば年収1000万円を超えることも可能です。ですが成果を上げられない場合には、思った年収を得られないなど、同じMRでも年収に大きな開きが出てくる場合もあります。

また、成果主義を導入している外資系などの大手製薬メーカーの場合には、平均年収のデータはほとんど当てにならないことも多いので注意しましょう。

薬剤師の高収入求人にはデメリットもある

薬剤師は、働くエリアで年収に大きな開きが出ます。例えば地方では薬剤師不足の状況が続いています。そういったことから地方の調剤薬局で勤務する薬剤師の場合、年収500万円以上スタートからと高年収の求人も多々あるのです。

そういった地方勤務が高年収の薬剤師求人を探すポイントにもなりますが、高収入求人にはそれなりのデメリットがあったりもします。

代表的な例だと地方勤務の薬剤師は、都市部に比べると生活の利便性に劣っていたり、人手不足で残業や休日出勤が多いなど、人手不足ならではのデメリットが生じる場合も多いのです。

他にも出張が多い治験業務や、成果主義による収入の増減やプレッシャーが大きいMRは、高年収のメリットとデメリット、勤務環境などをよく考慮したうえで判断していきましょう。

年収1000万以上の薬剤師の転職例

喜ぶ

外資系大手投資銀行からMRへの転職
40代男性(大阪市在住)

外資系大手投資銀行で営業をしていた私は、インセンティブを含めると、年収2400万円もの高年収を貰っていました。しかし業績不振に陥った会社側は大規模なリストラを断行し、私も世間に投げ出されてしまい、一から職を求めなくてはならない状況となりました。

そこで目にしたのがMRの求人広告。なぜMR?と今でも言われますが、一度地獄を見ると同じ業界で生きていく力は割と出ないものなんですと説明しています。

38歳での異業種転職は非常に厳しいものがありしたが、たまたまMRの求人広告を見て応募したところ英語力を買われてか、拾っていただくことが出来ました。与えられたポジションは平社員のMR。年収は未経験で異例の1000万円+インセンティブ。この会社が絶頂期であったこともあり、高年収となりましたが、現在は同じ条件で入る人間はほぼ皆無かと思います。

中心地の大規模病院を担当したのち、営業所長となった私は現在、年収1200万円+インセンティブとなりましたが、おそらく銀行時代の年収に届くのは、何年たっても難しいのではと感じております。しかしながら、医薬品を通じて、人々の役にたてている今の仕事は形の見えないものを売っていた前職と比べて性に合っていると感じる今日この頃です。

喜ぶ

製薬メーカーから地方の調剤薬局へ転職
50代男性(広島市在住)

製薬メーカーでMRとして30年程勤務していました。全国各地を回ってきましたが、子育ても一段落したので、妻と地元に戻りゆっくり生活したいと話をしていました。そんな矢先に、Uターン希望で登録していた人材紹介会社からいい案件があるとの紹介が来ました。

内容は、地元では有力な調剤薬局チェーンの部長職とのこと。年収は1000万円とメーカーで貰っていた金額よりは下がるものの、Uターンの希望が叶ううえに、これだけいただければと、直ぐに応募したい旨をお伝えし、面接をしていただきました。

社長さんは非常にやり手の方で、地元でも影響力のある方とのお噂通り、非常にスマートな印象を覚えました。これなら残りのキャリアを試す場として充分であると感じた私は是非働きたい旨お伝えし、採用していもらうことができました。

現在は数ある店舗の管理を概ね任せてもらっており、採用活動等にも顔を出しております。勤務先は薬剤師不足となっているため、非常に苦労しておりますが充実した日々を送れております。

薬剤師で年収1,000万以上になる転職は?

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

実際に年収1000万以上の転職について、薬剤師さんにインタビューしましたのでご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

お悩みくん

病院勤務の薬剤師です。病院勤務をしていたら、おそらく薬局長クラスになっても、1000万円以上は難しいと思います。

ですが、やりがいがとてもあるし、なんといっても患者さんのためになってるという自負はあります。自己満足の世界かも知れませんが、満足度は高い仕事をしていると思っています。

喜ぶ

年収1000万円以上を目指すならやはりMRだと思います。

昨今、文系MRも多い中で、やはり専門的な知識をもった薬剤師MRは、得意先でのやり取りのスムーズさが売りです。

文系MRの場合、専門用語などを知らない人も多いので、マニアックな言葉で突っ込まれると、即答できないことも多々。そういったことから、少しは薬剤師免許は生きるかもしれません。

話がそれましたが、MRは景気には左右されないですが、ヒット商品が生まれたり、いいお得意先をゲットできれば、30歳前後で年収1000万円以上の年収も到達できないことはないです。特に外資系は成績がすべてですから誰にでもチャンスはあります

喜ぶ

薬剤師で年収1000万円以上を目指すのはなかなか至難の業です。

薬剤師でそこまでの高収入を得るには、大手製薬会社が一番近いかもしれません。製薬会社の中ででも役職を与えられるポジションになることが前提になりますが、そこまで登り詰めれば年収1000万円も夢ではないですね。

年齢については平均すると40歳を超えてからと感じていますが、それは出世のスピードに依存するので早い人なら30代前半でも到達するのではないでしょうか。

ちなみに私の知人が働く製薬会社は役職が与えられると年俸制になり、その時点で1000万円を超えると聞いたことがあります。係長で1000万円,課長で1500万円,部長で2000万円といった形のテーブルがあり、その中で更に細分化されるようですね。

大手の組織でそこまで登り詰めるにはかなりの道のりになると思いますが、やっぱり年収1000万円というのは誰もがあこがれるところではありますよね。

人

知り合いの薬剤師の先輩が地方都市の大手スーパー複合施設内の調剤部門に勤務していた頃、諸手当込で1000万円を超えたことがあるそうです。

ですが、とてもじゃないけどすすめられないと言ってました。薬剤師免許も持っているというだけで、とても生かしているとは言い難かったようです。

喜ぶ

薬剤師の転職で1,000万円の可能性があるとしたら、製薬会社勤務でしょう!

MRは、薬剤師でない人も多いから薬剤師ってことにはならないですが、実力さえあれば勤務年数に関係なく高収入が狙えます。全国のどこに勤務になるかはわからないですけど、高給を狙っての転職は若いうちが良いと思います。私もその一人です。

喜ぶ

1,000万円を目指すために、最近流行のダブルワークという手段もありますね。

よく聞かれるのが日中調剤薬局で働き、夜はドラッグストアに勤務するという形です。最近のドラッグストアは24時間営業だったりする店舗もあるので、働き口は割とありますよね。

具体的な働き方で言うと9時から17時まで調剤薬局で働きます。その後19時から24時までドラッグストアで働きます。

それから調剤薬局が休暇日の1日は、13時から24時までドラッグストアで働きます。ドラッグストアの勤務時間は調整可能なので体力が続けばもっと働けます。

こうして働くと薬局の給料に加えてドラッグストア分が乗ってきます。時給2500円としても、平日5時間と休日10時間(休憩時間を除く)で週に35時間働くので、1週間で87500円になり、1ヶ月を4週間で計算すると35万円の収入になります。

調剤薬局の方も同等の収入があるので、月収70万円以上は稼げる計算です。それが12ヶ月で840万円になりあとは調剤薬局の賞与や手当があるので年収1000万円に届く計算となります。

ただあくまでも計算上の話なので体力面とか条件面で折り合いがとれない場合は、やはり年収1000万円は難しいですけどね。

少しでも参考になれば…という感じです。

喜ぶ

CRO大手は、出世したら年収1000万円以上はいくのではないでしょうか。ただ、こちらは英語ができないと入社できないと言われています。

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

答えてくださった薬剤師の皆さま、ありがとうございました。

まとめ

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

いかがだったでしょうか。

今回は年収1000万円以上の薬剤師についてまとめてみました。高年収なりのデメリットもありますので、事前にしっかりと確認しておきたいですね。

まずは、自分に合った薬剤専門の転職サイトに登録して、気軽に情報収集からはじめて行きましょう!そして、担当のキャリアコンサルタントに希望する条件を伝えて求人を紹介してもらうことはもちろん、気になる求人があったら職場環境などをしっかりと事前に確認しましょう。

おすすめの薬剤専門の転職サイトはこちら↓

薬剤師の転職サイトを比較してみた