さちこ

調剤薬局で勤務しているけれど、やっぱり病院薬剤師に転職してキャリアを積みたい。やっぱり病院の中途採用って難しいのかな?

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

病院薬剤師の中途採用は、狭き門と言うほどではない印象だけれど、入ってからが激務だったり、大変なんて大変って声がよくあるよね。

最近、病院薬剤師に転職したいって声をよく聞くなぁ!ってことで今回は、病院薬剤師の実情や条件などについて解説していくね。

病院薬剤師の転職と実情

病院薬剤師の現状

かつて、病院薬剤師といえば院内処方業務が中心でしたが、医薬分業の理念が推進されるようになったことでその業務は減少しています。

現在ではチーム治療の推進などにより、医師が全面的にイニシアティブをとって行われていた治療業務が、看護師、薬剤師、理学療法士などの医療スタッフが連携しながら行う業務へと変化しています。そのため入院患者の治療においての薬剤師の役割も増加しているのです。

こうした病院薬剤師の役割の変化は、就業環境にも大きな影響を及ぼしています。まず1つ目は、病棟勤務の機会が増えたことで、夜勤や休日出勤が求められるようになったこと。2つ目は、調剤業務でも入院患者の治療・回復状況に合わせた薬剤の準備が求められるようになったことです。

病院薬剤師は、医師の処方箋に従って調剤を行うだけではなく、より積極的・主体的な役割が求められています。病院薬剤師の役割及び重要性が増したことで、やりがいのある環境になったといえるでしょう。

そういった背景から、調剤薬局の延長線上のような意識で転職をした場合には、業務についていけなくなってしまう恐れがあります。その一方で、キャリア志向がある薬剤師の方にとっては、豊かな経験を積んでいくチャンスに恵まれた職場であると言えます。

ただし、未経験から病院薬剤師への転職を目指す場合には、そういった病院薬剤師の変化も考慮したうえで、自分に本当に向いているのかどうかを確認しておく必要があるでしょう。

病院薬剤師の適性

病院薬剤師の適性は業務に適応できるかどうかだけでなく、就業環境や勤務形態に適応できるかも大事なポイントです。

前述したように、病院勤務の場合には夜勤や休日出勤の機会もあるため、家庭環境との両立や規則正しい勤務時間で働きたいと言う方にとっては難しい面もあります。勤務形態に関しては、各病院ごとに環境が変わるところも多いので、事前の情報収集がとても大切です。

また、業務への適性に関してはコミュニケーション能力が非常に重要になります。調剤薬局でも利用者に対する服薬指導などを行うためコミュニケーション能力が問われるとよく言いますが、病院・での勤務はより深いコミュニケーション能力が問われます。

外来患者向けの調剤にしても常連が多くなるため、ひとりひとりの服薬環境をできるだけ把握したうえで適切な指導が求められますし、入院患者への服薬指導では健康やその人の薬剤との相性にも踏み込んだ細かな指導が必須となります。

さらにチーム医療の一員として医師をはじめとした他のスタッフと密接に協力・コミュニケーションをとりながら業務を行っていくことになりますから、日常の人間関係の構築のレベルからコミュニケーション能力が問われることになるでしょう。

病院薬剤師の求人

病院薬剤師の求人数は調剤薬局には劣りますが、例えば薬剤師転職サイトの「ファルマスタッフ」で、「全国」+「病院・クリニック」で検索をすると、2000件以上の求人がヒットするなど、そこそこ求人数があることがわかります。


ファルマスタッフ 全国×病院・クリニック検索結果)

病院薬剤師の求人を探す際には、職場の雰囲気や勤務環境をできるだけ詳細に確認することが必要です。 職場の雰囲気や人手の状況、人間関係といった内部事情は求人情報から入手することはできません。

そういった際に頼れるのが、薬剤師専門の転職サイトの存在です。担当のキャリアコンサルタントが求人の詳細情報を教えてくれたり、非公開求人を紹介してもらえる場合もあります。

病院薬剤師の年収相場

病院薬剤師の年収相場は400万~600万前後と言われており、調剤薬局やドラッグストアなどと比較するとやや年収は下がる傾向にあります。

ですが、管理薬剤師をはじめ、薬剤師不足の地域であったり、夜勤業務がある職場の場合には、年収が上がる職場も多々あるでしょう。

病院薬剤師の転職とこだわり条件

高給の病院薬剤師に転職

病院薬剤師は、調剤薬局やドラッグストアに比べて給与は下がる傾向にあります。「高給」となるにはやはり何か理由が必要となります。

精神科病院の病院薬剤師

精神科病院の薬剤師は高給が多い傾向にあります。

薬剤の種類が特殊で、投与量も通常量とはかなり異なっている症例もあり、特殊な知識が必要とされることから敬遠されるためです。

日本病院薬剤師会では精神科薬物療法認定薬剤師、精神科専門薬剤師の2資格を設定して、その特殊性と専門性を評価していますが、専門薬剤師は30名、認定薬剤師は202名(平成26年度)とまだまだ少数です(がん領域や感染領域の認定・専門薬剤師に比べると1/4以下)。

扱う処方内容が複雑なものが多いので、外来患者の調剤を受け入れてくれる調剤薬局が近隣になければ院内調剤となり仕事量もどうしても多くなります。

業務内容がハードで特殊、スタッフの人数も少ないので一般病院に比べて離職率が高くなっているのも高給での求人の理由でしょう。

過疎の地域の病院薬剤師

過疎地の病院などでは慢性的に人手不足の場合が多いので、高給の求人が出ていることがあります。

入院患者の調剤だけならなんとか少人数でも出来ていた、といった病院でも、薬剤管理指導業務や病棟薬剤業務を開始するとなるとどうにも立ち行かなくなります。

そうなると調剤薬局との人材確保の競争に勝つために、病院でも好条件で求人を出していることがあります。

給料が高額なだけでなく各種手当が充実していたり、住居の手配まで行ってくれる場合もありますので、根気よく探してみましょう

認定薬剤師、専門薬剤師は好待遇?

平成26年度の診療報酬改定で、「がん患者管理指導料」が請求できるようになりました。がん化学療法領域の資格を持った薬剤師が、患者に対して抗がん剤についての説明を行った場合に1回につき200点請求できるというものです。

患者1人につき6回に限りと上限はありますが、人材さえいれば特別な設備等はほぼ必要ない為、積極的に導入している病院は多くあります。

今後、がん患者を多く診療しているけれども、がん化学療法領域資格を持った薬剤師がいない病院であれば、有資格薬剤師を探して高額を提示する可能性はあるでしょう。

残業なしの病院薬剤師に転職

正社員で探す場合は、残業なしという病院薬剤師求人は少ない傾向にありますが、探せばあるといった状況ではあります。

例えば薬剤師転職サイトの「ファルマスタッフ」で、「全国」+「病院・クリニック」+「正社員」+「残業なし」で検索をすると、200件程の求人数がヒットします。


ファルマスタッフ 全国×病院・クリニック×正社員×残業なし検索結果)

「個人病院、診療科は単科で医師は1人か2人、入院施設なし」・・・こういった病院なら残業は少ないでしょう。しかし残念ながら薬剤師がこのような病院に雇われていることはあまりありません。個人病院の外来処方は多くは院外処方箋で調剤薬局に任せられるからです。

病院薬剤師が勤務する病院は、病棟業務がある場合がほとんどです。そうでなければ、病院側が薬剤師を雇う意味が経営上ではあまり無くなってしまうためです。

残業なしが許される職場の空気か?

残業がどの程度あるかは、病院の体制やその職場の雰囲気によって全く違ってきます

調剤の場合、「就業時間が終われば、その日の当直・夜勤担当者に後は任せてさっと切り上げる」とういう方針であれば、残業はほとんど無いでしょう。

「ある程度片付いて落ち着くまでは全員で残って終わらせる」という職場であれば、一人だけ定時に帰るということはなかなか出来ません。

薬剤部門のトップの考え方にも左右されます。褒められたことではないのですが、「医療職なのだからある程度の自己犠牲は当たり前」などの考えを押しつけられ、常にサービス残業を強いられる職場も無くはありません。

確かに急性期病院などでは入院がいつあるかは全く予想できないので、毎日「仕事時間が過ぎたので帰ります」とはいかないことを多少は覚悟しておいたほうがよいでしょうが、こういったボランティア精神の押しつけがあるような職場かどうかは、事前にリサーチすればわかるのでよく調べておく必要があります。

処方箋を院内処方している職場

現在のように厚生労働省の方針で院外処方が推進されていても、病院自体の方針で理由は様々ですが(患者の利益にならないから、薬価差益がまだ見込めるからなどなど)まだ外来処方箋を院内で調剤している病院はあります。

そういった病院では、外来患者の診察終了まで延々外来調剤が続き、その後病棟業務にいったり、入院患者の調剤をしたりでどうしても残業が増える傾向にあります

残業が少ない職場

薬剤師の人数が相当数いて部署ごとの分業がはっきりしている場合は、残業が少ない場合もあります。

大病院のDI担当部署(医薬品情報管理室など)のように事務仕事のみであれば、残業はほとんど無いかもしれません。ただ、そのような大病院に入ってすぐにDI業務に就けることはまれで、やはり新人は調剤部門の仕事から始まるのが普通です。

調剤業務⇒病棟業務⇒専門分野と進むことが多い病院薬剤師では、勤務年数ごとに残業が増えてくる傾向にあります。

パートの病院薬剤師として働く

パートの病院薬剤師であれば、「残業なし」の職場を探すのは難しくありません

業務が集中する午前から昼過ぎにかけて、調剤担当としてパート薬剤師を募集している病院は探せば結構見つかります。「9時から13時までの4時間、調剤部門のパート薬剤師募集」といった文面を見たことがある方も多いでしょう。

ただ、あまり頻繁にパート募集している病院は、何かある可能性もあります。どのような職場なのか、自分が納得できるまで、事前に転職サイトのキャリアコンサルタントに確認を取ることが大切です。

夜勤なしの病院薬剤師に転職

多少の残業はできるけれども、夜間に仕事となると家庭の都合などで難しいという薬剤師の方も多いでしょう。

入院患者がいても救急指定ではない病院ならば、夜間勤務なしの病院がほとんどです。まだ子供が小さくて夜に家を空けるのは無理、といった方はまずは救急受け入れのない病院を探してみましょう。

ただそういった病院はあまり薬剤師の出入りが少ない(辞める人があまりいない)ので、募集は少ない傾向にはあります。もし見つけたら早めに連絡して詳細を確認してみましょう。

救急指定病院の薬剤師は当直あり?

夜間に薬剤師が常駐しているか、または電話拘束(夜間必要時に病院からの電話で出勤する)がある病院といえば、やはり救急指定病院はその可能性があります。

ただし、救急指定といっても段階があります。発熱やけがなどで、家庭では対処しきれない症状を診察する施設を1次救急といい、開業医も地域の輪番制でこれに当たっていることが多いようです。

1次救急なら薬剤師当直はほとんどありません。

2次救急の病院は、症状が重い患者が対象で緊急入院や手術が行える施設となります。こういった病院では、薬剤師当直の可能性は高くなってきます。

3次救急病院は救命救急センターのような、重篤な状態の患者を受け入れる病院なのでほぼ100%薬剤師当直があるでしょう。

つまり、2次~3次救急の病院に正規採用で務めるとなると、夜間の勤務は避けられないと考えた方が良さそうです。夜勤のない病院を探すのであれば1次救急です。

臨時薬剤師でも病院によっては夜勤がある?

正規採用の薬剤師であれば、その病院の形態に合わせて当直に入るのは当然ですが、臨時職員の薬剤師でも当直業務をしなければいけないことはあります。求人内容に必ず記載があるはずなので、細部までチェックしましょう。

パート薬剤師の場合は、希望しなければ夜勤はありません(夜間・深夜は時給が高いので、夜勤希望のパート薬剤師もいます)。子供が小さいから夜勤は無理、という方は勤務形態を選択できるパート薬剤師での求人を探してみると良いでしょう。

土日休みの病院薬剤師に転職

外来の診療形態が土日休診の病院であれば、基本的に薬剤師もお休みです。

しかし、病院薬剤師を雇う病院は入院患者のいる病院がほとんどですので、完全にお休みにすることはできません。医師や看護師が交替で勤務に入るのと同様に、入院患者さんのお薬を作るために土日は交替で薬剤師も出勤となります。

病院薬剤師はローテーションで休日当番という勤務があることがほとんどです。

休日の出勤はほとんどが「日直」と言われる勤務です。病院によって多少異なりますが多くは平日の勤務時間(たとえば8時半~17時)の間、一人で薬剤の調剤や払い出しを行います。

日直に入る割合はこれも薬剤師の数で変わってきます。少ない人数であれば、自然と日直の回数も多くなるでしょう

日直を行った場合には、手当と代休が与えられることが多いです。代休制度の場合は、代休がスムーズに取得できるか、もし代休が溜まって消化できないときは買い上げ制度があるのかなどは聞いておいた方が良いでしょう。

代休なしで休日手当てのみの病院も結構あります。手当の額は一律で決まっている病院や、基本給から割り出した時給を元に計算する病院などこれも施設毎に定められています。

他には、待機呼び出し制となっている病院もありますが、当然その場合は拘束時間中すぐに仕事に出られるような体制でいる必要があります。

休日出勤の日直のシフトに入っているのは、通常は正規雇用の職員です。パート薬剤師であれば日直のローテーションには入らないことが多いので、お休みもカレンダー通りになります。ただまれにパートでも休日当番に入る病院もありますので、そこは要確認です。

求人では「完全週休2日」となっていても、但し書きに「休日当番で出勤あり」などと記載があることがありますので、どの程度の頻度で当番があたるのか、またその際の勤務時間や手当・代休などの条件は必ず聞いておきましょう

子育て支援がある病院薬剤師に転職

子育て中の薬剤師を支援してくれる病院も中にはあります。小さなお子さんのいる薬剤師の方は、こういった病院を探すのもいいでしょう。

大規模・公的病院は支援が手厚い

公的病院や規模の大きな病院ほど子育て支援体制は整っています。ある程度の規模の病院であれば看護師の数は200人、300人やそれ以上といったところは少なくありません。そういったことから子育て世代の職員も多いので、産休・育休などの対応には慣れています。

元々病院は一般企業などと比べて女性の大変多い職場です。総務課・庶務課は子育てしながら仕事を続けていくための支援制度や法律については熟知しているはず。法律が改正されて細部が変わったりしている場合でも対応は早いです。

また、病院に保育園が併設されていることもあります。主に利用者は看護師なのですが、薬剤師も子供を預けられる場合が多いので一度利用規定を確認してみましょう。

ただし、病院全体としては体制が整っていても、それぞれの部署によって事情が違ってくることはあります。

というのも、薬剤部(薬剤科)は病院のなかでも少人数の部署であるため一人でも抜けるとかなり影響が大きくなってしまうからです(薬剤師が40人、50人といるような病院なら話は別ですが)。欠員として臨時に薬剤師の募集をしてもすぐには見つらないことが多いので、空いた穴をまた少ない人数でカバーしていく事は実際大変です。

「育児休暇や部分休業は当然の権利」といったサポート意識の高い職場でなければ、仕事を続けにくい雰囲気になってしまうこともあるでしょう。

職場の年齢構成を確認

子育て支援は法律で規定されていますが、前述のようにいざ実際の職場で働きはじめると部分休業をとれるような空気じゃなかったり、あからさまに上司に嫌な顔をされて居づらくなったりといったことも少なくありません。

育児休暇・育児時間・部分休業のどれもが「申請があれば雇用主はこれを断ってはいけない」といった内容の法律があります。

そもそも申請を出せるような雰囲気じゃなくて、結局子育てとの両立が難しくて辞めてしまった、なんてことにならない為にはやはり、事前に転職サイトのコンサルタントなどに内情を確認してみましょう

一番調べやすいのは、女性薬剤師の年齢構成です。

子育ての時期かそれを過ぎた年齢層の女性薬剤師が継続して多く働いている職場であれば、女性が子育てをしながらも働きやすい職場だというある程度の目安になります。

子育ての時期は子供の急な病気で突然休まなければいけなかったり、保育園の送迎時間があるのでどうしても残業ができなかったりと困難なことが多くなります。

そんな時に子育て経験のある先輩がいてサポートしてもらえれば本当に心強いです。女性が継続して多く働いている病院であれば、その確率は高いと言えるでしょう。

逆に女性薬剤師が多くても若い年代の人しかいない場合は、もしかしたら妊娠・出産となると退職するといった暗黙の了解があるような職場かもしれません。

結婚・出産を経ても長く仕事を続けていきたいのであれば、転職先のそういった部分についてもリサーチすることをお勧めします。

未経験可の病院薬剤師の求人

病院勤務が未経験と言う薬剤師の方も多いでしょう。新卒者以外で未経験可として採用している職場は多くはないものの、全く無い訳ではありません。

新卒薬剤師の場合

「この春卒業見込み」の新卒の薬剤師であれば、未経験であることが障害になることは実際あまり無いでしょう。薬剤師求人の中でも「新卒」が条件のものは、割合多く見受けられます。

ただし新卒者の病院就職の倍率はかなり高い傾向にあります。

若いうちに、多少仕事がきつくても臨床の知識や経験を身につけて、専門性を養いたいと考える学生は年々増える傾向にあります。

競争相手が多いということですので、在学中の成績や実務実習の評価など、病院就職希望の方は就職活動を始める前から意識して勉強しておきましょう。

病院勤務が未経験の薬剤師の場合

病院薬剤師としての経験がなく、卒業から数年経っている場合は、正規採用の求人が出ていても応募が複数人あれば、「病院での経験年数」がある人に負けてしまうかもしれません

病院勤務が未経験でも、調剤薬局で働いていた経験がある場合はしっかりとアピールしましょう。希望する病院が有する診療科と、調剤薬局で受けていた処方箋の診療科が同じか類似しているのであれば評価のポイントとなるはずです。

特に精神科病院の場合は、精神科の処方を調剤した経験があるとかなり強みになるといった場合があります。

まったく卒業してから働いたことがないという場合でも、個人病院であれば探せば正規採用の募集もあります。

この場合は、面接や採用試験でかなり頑張らないと経験者との競争には勝てません。面接では「今まで働いていなかった理由はなんですか?」といった質問もあるでしょう。それぞれの理由があると思いますが、どういった答え方をすれば面接者に伝わるかよく考えておきましょう。

病院勤務が未経験のパート薬剤師の場合

薬剤師の場合、結婚・出産・子育てなどで一度離職しても、パートで構わないのであれば未経験可の病院薬剤師の求人は割と見つかるでしょう。

以前は調剤薬局だった、製薬会社で働いていたという場合でもそれほど職を探すのは難しくありません。

ただ、パート採用であれば病院よりも調剤薬局のほうが時給が高いことが多いのが現状です。

病院の時給は元々それほど高くありません。未経験であれば最も低い時給からのスタートなので、条件は調剤薬局の方が良い傾向にあります。どうしても病院で仕事をしたい場合は、給料面に関しては少し譲歩することも必要かもしれません。

臨時職員の病院薬剤師に転職

病院薬剤師の臨時職員の求人は公的病院が多い傾向にあります。都道府県立や、市立・町立または大学付属病院といった病院では、割と頻繁に臨時職員の求人を出しているのです。

臨時職員の業務内容はほとんど正社員の薬剤師と同じで、勤務時間も「7時間以上、残業も場合によってはあり」とされていることも多いです。

救急指定病院等では、正規雇用の薬剤師のローテーションに混じって当直・夜勤をすることも珍しくはありません。

雇用条件は、給料は月額提示が多いのですが、日額提示の病院もあります。日額だと月によって収入のバラつきが出てくるでしょう。金額はあまり高額とは言えません。調剤薬局勤務のほうが収入は高いでしょう。

しかし手当や休暇は、公的な病院はやはり通勤手当やボーナス、有給休暇などの細かい部分までがしっかり決められています。残業代や当直料、年金や雇用保険の手続きも心配いらないでしょう。

病院の臨時薬剤師はどれくらいの期間?

お給料以外は好条件ですが、やはり「臨時」と名が付いているので雇用契約期間が数カ月~数年と限りがあります

契約条件に提示されていますが、短ければ3ヶ月~半年程度。「期間終了時に延長契約あり」となっている場合もありますが、「最長3年」などと上限を定めていることが多いので注意しましょう。

また、昇給の幅も少ないので、再契約を繰り返して長く働いても同期の正社員とはだんだん収入の差が広がっていくでしょう。

同じ仕事量をこなしていても得られる報酬に差がつくのはやはりつらいもので、「臨時を続けていても先が見えない」と調剤薬局に転職するケースもあるようです。

病院の臨時薬剤師から正社員になれる?

それでも臨時で頑張っていれば、正社員になれるのかといった疑問は当然でてきます。残念ながら、臨時で働いていたことをプラス材料として正規採用試験に加味してくれることはあまり多くはないようです。

病院の規模が大きいほどこの傾向は強く、正規雇用を勝ち取るには他の応募者と共に採用試験を受け、合格する必要があります。

ただし、病院によっては上司の推薦で臨時職員が正社員になることもあります。このルートを狙っている場合は、「これまで臨時から正社員になったケースがあるか」を調べておく必要があるでしょう。

病院薬剤師転職のまとめ

さちこ

病院勤務の薬剤師って思ったより求人数もあるんだね!しかもこんなに条件があるんだ。

現役薬剤師まりりん現役薬剤師まりりん

そうなの。思ったより求人があるんだよね。

やっぱり病院薬剤師って調剤と比べると年収は下がっちゃったり、大変な面はあるけれど、やりがいがあるし、スキルも身に付くのがいいところだよ。

良い転職先に出会えるといいね。